日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

映画で学ぶ広報術

広報が観ておきたい!今月の1本『スキャンダル』

野呂エイシロウ 放送作家・PRコンサルタント

名画から最新作まで、映画に数多く登場する広報・メディアの仕事。1本の作品から、気になるセリフと名シーンをピックアップします。

「広報担当者として攻撃はできません」
I can't discredit an anchor on pay to promote.

イラスト/ミツミマリ

今月の1本『スキャンダル』
公開 2019年
製作国 アメリカ
監督 ジェイ・ローチ
キャスト シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー、ジョン・リスゴー、ブルック・スミス

STORY
2016年にアメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動を映画化。アメリカで視聴率ナンバーワンを誇る大手放送局「FOXニュース」の元人気キャスター、グレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、CEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラで提訴する。人気キャスターによるテレビ界の帝王へのスキャンダラスなニュースに、全世界のメディア界に激震が走る。

この映画は、アメリカで実際に起きた事件をもとにしている。テーマはセクシャルハラスメント。実話ということもあり、本作に出てくる広報対応など、筆者も非常に勉強になった一作だ。

2016年、アメリカの大手放送局「FOXニュース」に激震が走る。クビを言い渡された、元同局人気キャスターのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)がCEOの...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

映画で学ぶ広報術の記事一覧

映画で学ぶ広報術の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する