日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

価値創造のストーリーを語る 統合報告書

長期ビジョンは過去から語る!東京応化工業の統合レポート

東京応化工業

2020年8月、長期ビジョン「TOK Vision 2030」を発表した東京応化工業。統合レポートでは、自社を取り巻くステークホルダーを改めて整理し、それぞれに対する価値創造のあり方を過去、現在、そして未来の取り組みにまとめている。

統合レポート2020
広報 CSR部(2人)、環境関連の安全面を統括するEHS部(3人)が作成。2017年度まで発行していたアニュアルレポートとCSRレポートを2018年度から統合し、発行している。毎年8月の中間決算のタイミングで発行。2021年度版は年末ごろから本格的に作成に移る予定だという。

2020年、設立80周年を迎えた東京応化工業(TOK)。半導体製造分野における微細加工に不可欠な感光性材料である「フォトレジスト」の世界トップメーカーとして、国内外に化学薬品を提供するBtoB企業だ。2018年度からは、アニュアルレポートとCSRレポートを融合させた『統合レポート』を広報 CSR部、EHS部が中心となり発行。メインターゲットは、機関投資家を中心とした株主・投資家であるが、TOKを取り巻くステークホルダー全般を対象として作成されている。

成長を語るには過去を語る

2021年8月に発行した『統合レポート2020』では、2020年8月に発表された長期ビジョン「TOK Vision 2030」について説明。「豊かな未来、社会の期待に化学で応える“The e-Material Global Company”」の経営ビジョンのもと、ありたい姿を定量・定性両面でまとめている。

「サステナブルに成長していく私たちの姿を、よりビジュアル化して、ステークホルダーに示す狙いがあります。また従業員に向けても、『これに向かって進んでいこう』という指標にしてもらいたい狙いがありました。ポイントは、2009年からこれまでの事業改革や中期計画などの方向性、目標などをまとめたことです。100年企業を見据え成長を語る上では、これまで私たちが歩んできた...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

価値創造のストーリーを語る 統合報告書 の記事一覧

日本ユニシス統合報告書、企業変革期に未来をどう語るか?
長期ビジョンは過去から語る!東京応化工業の統合レポート(この記事です)
DIC、2種のレポートで積極的にESG情報を開示

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する