日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

企業価値を高める 文章作成

顧客理解と専門性高い記事がコロナ禍でも会社を救うコンテンツに

柳田織物

企業が生活者と直接接点を持てる媒体として脚光浴びるオウンドメディア。しかし、本稿で紹介する柳田織物がEC販売を開始した当初はネットもまだ黎明期。そんな中、どのような記事を作成し、結果、ユーザーと関係を築いてきたのか。



シャツ専門のオンラインショップ「ozie」(オジエ)を展開する柳田織物。同社が運営するオウンドメディア「ozie/style」では、ビジネスシャツの着こなし術や商品の選び方などのお役立ち情報を発信している。

ビジネスウェア不況救う

創業1924年の歴史を持つ同社。4代目社長の柳田敏正氏がECサイト「ozie」をオープンしたのは2002年9月のことだった。当時は『インターネットで服は売れない』という声が社内でも多数派で、オープン当初は売れない日々が続いたという。

試行錯誤の中、2003年から柳田氏のこれまでの経験や販売の知識を活かした「シャツの基礎知識」というページを作成。柳田氏は「サイズや生地の選び方に関する悩みの声が多く届いていました。その悩みを軽減するようなコンテンツで『ネットでシャツを買ってもいいかな』という最後のひと押しになればという思いでした」と語る。このページが、現在の「ozie/style」の原形になっている。

顧客の役に立つ情報を発信し続けることで、ozieの知名度向上にもつなげる狙いもあった。「フォーマル時に必要になる『ポケットチーフの挿し方』などの記事は、ブックマークしてもらいやすい。何度もアクセスしてもらううちに名前を覚えてもらい、シャツを買う際にozieを選ぶきっかけになってくれれば」(柳田氏)。

2020年から続くコロナ禍で、在宅勤務が普及しビジネスウェア業界は苦境に立たされている。ozieもその...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業価値を高める 文章作成の記事一覧

企業価値を高める 文章作成の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する