日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方

カ・ラ・ダファクトリー20周年 新たな表彰制度もスタート

ファクトリージャパングループ

社史や理念、事業の意義を見直す機会となる周年をどのように迎えるか。長寿企業から学びます。

20周年の記念CMでは従業員(整体師)の“手”にフォーカス。ブランドキャラクターの佐々木希さんが現役社員の施術をカメラでおさめていく。撮影の様子は出演の従業員のインタビューとともにメイキング動画やオウンドメディアで記事化。

整体サロン「カ・ラ・ダ ファクトリー」を主軸に国内外350店舗以上展開しているファクトリージャパングループ。2021年に20周年を迎えた。

プロジェクトはマーケティング、広報、そして約1700人いる整体師(正社員)の教育を担う教育・ES部のメンバーが選出され推進。

「教育・ES部で実施している従業員アンケートでは、毎回モチベーションの源泉に『お客様の声』が上位に挙げられています。一方マーケティング部側ではお客様にアンケートを行っており、その“声”を集められているのに、うまく循環できていないことがもったいないと感じていました。マーケティングのメンバーでES・教育部を兼任しているメンバーが周年プロジェクトに参加し、横ぐしの連携を強化させた形です」とプロジェクトリーダーを務めた海野由美子氏は説明する。

従業員の手で伝える技術力

まず記念CMの制作。これまで同様佐々木希さんを起用しているが、今回は「整体師の手」がテーマ。現役社員が出演し、20年間お客様の体に本気で向き合ってきたこと、そしてスタッフの技術が表現されている。

「社内外から『当社のイメージが形になっている』と好評でした。広告となると、表現上制限されることも多く、技術力や“おせっかい”といわれるほどのサービス精神をアピールする難しさを感じていました。しかし、今回の作品のテーマは、社員が磨き上げてきた手。メダリストや産後のママ、働く人たちを支えてきた手から伝わるストーリーは確かな事実です。単なるリラクゼーションではない私たちらしいサービスの形、真摯に向き合う姿勢がしっかり表現できています」(海野氏)。

ほかにもレジェンド整体師5人による特別施術キャンペーンも実施。20人の定員に対し、2000人以上の応募があったという。そして、これらの施策はすべてオウンドメディア「KA・RA・DA mag」にて、広報が記事化しているのも...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方 の記事一覧

カ・ラ・ダファクトリー20周年 新たな表彰制度もスタート(この記事です)
自分が店舗の広告塔に!? AMUが目指す新しい思い出とファンづくり
コープこうべ100周年、約9000人の地域の声から存在意義を再考
100周年のサクラクレパス 周年チーム「サクラブ」を立ち上げ社内広報にも注力
ファミリー層からターゲットを広げ 『ド』を超える新たな挑戦を
巨大アートを制作! 会社のカラーを体感できる周年施策を

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する