日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

映画で学ぶ広報術

広報が観ておきたい!今月の1本『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』

野呂エイシロウ 放送作家・PRコンサルタント

名画から最新作まで、映画に数多く登場する広報・メディアの仕事。1本の作品から、気になるセリフと名シーンをピックアップします。

「彼と契約したければ、マイケルオリジナルのシューズが必要だ」
If you want Michael Jordan, he's gotta have his own shoe line.

イラスト/ミツミマリ

今月の1本『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』第5話
配信 2020年
製作国 アメリカ
監督 ジェイソン・ヘーヒル
出演 マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマン

STORY
Netflixオリジナル、スポーツドキュメンタリーミニシリーズ。今回の主役はバスケットボール希代のスーパースター、マイケル・ジョーダン。ジョーダンの所属した90年代のシカゴ・ブルズの黄金期を、今なお語り継がれる97-98シーズンの未公開映像を交えながら振り返る。第5話では、今なお人気を誇るエア ジョーダンの誕生秘話が。話題を呼んだマーケティングキャンペーンから世界的なカルチャーアイコンとなったジョーダンの裏側を追った。

スポーツビジネス広報において一番大切なもの。それは広告ではない。「プロ選手が使っているか」であることは周知の事実だろう。

筆者が使っているテニスラケットは、フェデラーモデル。ウェアはジョコビッチと同じだ。とはいえテニスの腕前は彼らとは程遠い(苦笑)。そんなボクでさえ、気がつけばプロ選手に影響されて道具を購入しているのだ。これはスポーツビジネスのメインであると...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

映画で学ぶ広報術の記事一覧

映画で学ぶ広報術の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する