日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

コーポレートサイト改革

複雑なビジネスモデルをビジュアル化 クライアント、メディアからの問い合わせ増へ

スクロール360

2009年の社名変更以来となるリニューアル。サービスの多様化や変更により、複雑になっていたサイトを整理したことで、サイト経由のリード獲得や社内外への事業認知拡大にもつながっているという。

サービスの拡大、SNSの開始など変更がある度に徐々に改修を加えていったことで、情報が点在し、統一感や情報整理が必要な状態に。


静岡に本社を置き、通販業務代行サービスや通販システム構築などの単一サービスの提供にとどまらない、通販事業者の業務全般をサポートするスクロール360。

「コーポレートサイトは会社の顔」と話すのは、リニューアルを率いた広報の高橋友紀氏。2009年の社名変更以来10年以上ぶりのリニューアルを実施した背景には、そんな顔となるサイトが複雑化し、表情が見えにくくなってしまっていたことがあった。

「通販市場の変化や成長に伴い、当社で扱うサービスの幅は通販業をまるごとサポートできるほどに広がっていきました。しかし、その度にコンテンツを追加していったため、つぎはぎしたような複雑な構成に。2019年にチームを発足し、グループ会社でサイト制作/マーケティングを行う『もしも』に入っていただき、リニューアルを進めました」(高橋氏)。

顧客目線のサイト表現

リニューアルにあたっては、①自社の強み(ブランドイメージ)を明確に発信 ②サービスの多様化や変更により複雑で分かりにくくなってしまったサービス案内の改善 ③サイトからの問い合わせ数向上 ④サイト更新の操作性を改善し、更新効率を高める ⑤モバイル対応、の大きく5つのポイントで進められた。

特に②に関しては、サービスマップを新たに制作しビジュアルで多岐にわたるサービス内容を一目で理解できるよう整備した。「以前は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

コーポレートサイト改革の記事一覧

コーポレートサイト改革の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する