日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

『News Sapiens』プロデューサーに聞く、その編集方針は?

TOKYO FM『News Sapiens』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

『News Sapiens』DATA
  • 放送局:TOKYO FM
  • 放送曜日:月~木
  • 時間:20~21時
  • ネット:東京ローカル
  • パーソナリティ:
    月火:高橋万里恵(フリーアナウンサー)
    水木:手島千尋(TOKYO FMアナウンサー)
  • 曜日別パートナー:
    月:(月2回)山極壽一(人類学者) (月2回)辻田真佐憲(近現代史研究家)
    火:明石ガクト(動画プロデューサー)
    水:永濱利廣(エコノミスト)
    木:中野信子(脳科学者)
  • 放送開始:2021年4月
  • 番組構成:
    ●HEADLINE NEWS
    日々のニュースを短信で伝える
    ●特集
    毎日ひとつの話題を取り上げて深くレポート
    ●Today’s Sapiens
    曜日別パートナーの専門を活かしたコーナー
  • 『News Sapiens』のオープニングは、毎日「世の中に起きていることを自分ではない他の人の目線で見るとどう映るのか」とのナレーションで始まる。日々のニュースが歴史を紡いでいくという視点で現代を生きるビジネス世代へ届けるニュースワイド番組。

    高橋万里恵氏と手島千尋アナの二人が日替わりパーソナリティを務め、明石ガクト氏や中野信子氏、近現代史に独自の視点で迫る辻田真佐憲氏らが曜日別パートナーの役割を果たす。

    6月22日の特集テーマは「人はどこまでAIに判断をゆだねられるか?」を取り上げた。TOKYO FM報道の田村記者が、お薦めランチを選んでくれるアプリや、AI搭載自販機、恋をアシストしてくれるAIアプリまでを試した。「この特集は最近反響があった中のひとつです。手島アナも含め自局の記者が直接取材し番組に出て伝えるスタイルはこの番組の特徴です」とプロデューサーでTOKYO FM報道・情報センター部長の原田洋子氏は話す。

    6月2日は、手島アナとこの日のパートナーであるエコノミスト・永濱利廣氏が「タクシードライバーになりたい若者たち」をテーマに取り上げた。女性ドライバーや25歳以下の運転手が増えているデータをあげ、四大新卒入社2年目のタクシードライバーから「出社や帰社時間を...

    あと60%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    メディアの現場から の記事一覧

    『News Sapiens』プロデューサーに聞く、その編集方針は?(この記事です)
    『散歩雑誌』のパイオニア ご近所散歩の楽しみ方を提案
    住まいのデザインを扱う『I’m home.』その編集方針は?
    コロナ禍でも2号連続の重版 20歳男性が対象の情報求む
    『ビジネス法務』その編集方針、注目記事は?
    コロナ関連企画で反響大 リリース多いと企画化上がる
    『農耕と園藝』その編集方針、注目記事は?
    『週刊通販新聞』その編集方針、注目記事は?
    創刊20年、定刊誌で復活 常識にとらわれない挑戦続く
    子ども記者も取材に活躍、朝日小学生新聞の編集方針は?
    聞きにくい『お金』の秘密に迫る 取材もリリースも鍵は「信頼」

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する