日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社会の変化に対応する「状況判断」力

川崎フロンターレ・中村憲剛氏の考える広報とは?

中村憲剛氏(川崎フロンターレ)

川崎フロンターレを3度のリーグ優勝に導くなど、チームを引っ張ってきた中村憲剛氏。現役引退後は、川崎フロンターレのリレーションズ・オーガナイザーとして活動している。選手時代から広報活動に積極的だった、中村氏の広報観とは。

©KAWASAKI FRONTALE

川崎フロンターレ
FRO(Frontale Relations Organizer)
中村憲剛(なかむら・けんご)氏

1980年生まれ東京都出身。2003年川崎フロンターレ加入。2006年日本代表デビュー、2010年南アフリカW杯出場。国際Aマッチ68試合出場6得点。川崎フロンターレの中心選手として2017、2018、2020年とJリーグ優勝。2016年歴代最年長36歳でJリーグ最優秀選手賞。40歳で現役引退、2021年から現職。サッカー解説者。日本サッカー協会ロールモデルコーチ。

FRO(Frontale Relations Organizer)。フロンターレひと筋18年、チームを引っ張り続けた中村憲剛氏が、引退後に就いた役職がこれだ。フロンターレを取り巻く組織や人との「リレーションズ」を円滑にし望ましい形にオーガナイズ(調整)するという。ネーミングは自身で行った。

「フロンターレの育成組織のサポートと、クラブの内外問わず幅広い活動範囲でのサッカーの普及・広報。この2軸がメインです。でも役割はかちっと決めずフレキシブルにしたくて。引退後ここまでの間、ありがたいことに多くのお仕事をいただきました。そこで現役時代とは全く別の経験をすることができたのですが、選手時代、自分がいた世界は当たり前ですが狭い世界だったんだなと思います。改めて、こんなにも多くの方々がサッカーを伝える、広めるために動いてくれていることに感謝していますし、今、自分もその中に身を投じながらサッカーをいかにして広められるか、自分なりに考えながらチャレンジしているところでもあります」。

勝負の世界とSNS発信

選手時代から中村氏は積極的にブログやTwitter、Instagramなどで発信を続けてきた。

「フロンターレには選手自ら発信する文化があります。その発信に対するサポーターのリアクションもいい。Twitterを始めた年のJリーグの開幕戦で、勝利後にロッカールームでみんなで喜んでいる写真をツイートしたところ、サポーターの皆さんがすごく喜んでくれて。普段なかなか見られない場所でもありますし、これは出し方次第ですごくパワーになるぞと手応えを感じました。そこからは勝利後のロッカールームツイートはサポーターの皆さんと勝利を共有するという意味でも自分の楽しみにもなりました。そういう経験を経て、次第に自分は“選手兼広報”のつもりでSNSを更新するようになりました。ただサッカーには勝ち負けがあるので、負けた時は『投稿なんてせずに練習しろ』と言う人も...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社会の変化に対応する「状況判断」力の記事一覧

社会の変化に対応する「状況判断」力の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する