日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

共感を集める「言葉」の開発

キッチンの存在意義を別の側面から捉えた パナソニック「ROOMLESS PAPA」

パナソニック

パナソニックの「Idobata Style」は在宅勤務が一般化した時代を見据え、新しいコンセプトのもと生まれたシステムキッチンだ。この商品PRのために制作されたWeb動画『ROOMLESS PAPA』は、そうした“在宅時代”が生んだ「自宅で行き場のない父親」という切り口からPRしているのが特徴だ。

    ルームレスパパ

パナソニックが提供するシステムキッチン「Idobata Style(イドバタ スタイル)」。これは、2つの作業スペースを適度な距離を保ちつつ設けるなど、夫婦や親子が一緒に料理を楽しめる工夫が施されている。そして、このキッチンの魅力を在宅時間の世相から描いたWeb動画、それが『ROOMLESS PAPA(ルームレスパパ)』だ。

動画の内容はこうだ。在宅勤務が一般化する中、在宅時間が増え、自宅での居場所を失った主人公(そんな彼や全国の父親を「ルームレスパパ」と呼ぶ)。心象風景の森をさまよっていると、同じ境遇の男性と出会う。2人はなぜ自分の居場所がなくなったのか、その原因を語り合う。

男性は「昼飯は、カンタンなモノでいいよ」と妻に言ったという。主人公は、家族みんなにおいしいものを食べてほしい、との思いから高級肉を購入。それが妻を怒らせた。「自分なりの気遣いだったのに」「家事なんて分からないのに」と憤る2人。しかし、「(家事が)分からないからルームレスパパになったんだ」と最後には気付く、というストーリーだ。

生活様式や家族間コミュニケーションが大きく変化する昨今、イドバタスタイルを通じて、「自然に向き合える」家庭を築いてほしい、というメッセージが今回の動画には込められている。

動画のワンシーン。森の中で男性2人が、自身の境遇を語り合う中で、自身の無知に気付く。コロナで生活様式が変化する中、同じ境遇の人たちが実際に存在する、との仮説に立ち制作された。

世相を体現するワードを開発

パナソニック ライフソリューションズ社 コミュニケーション部 クリエイティブ課の眞鍋優子氏は、本PR施策の背景をこう語る。「イドバタスタイルの特長である奥行・距離感の丁度良さを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

共感を集める「言葉」の開発 の記事一覧

メディアに聞いた!2021年注目キーワード
振袖進呈にコピー添えて 失意の新成人から多くの共感得る
「#いるのかな」と問い掛け、消費者と共に考える姿勢打ち出す
キッチンの存在意義を別の側面から捉えた パナソニック「ROOMLESS PAPA」(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する