日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ニュースバリューを高める! 企画・発想

検索で上位表示を目指す!選ばれるリリース作成のコツとは?

鈴木将司(全日本SEO協会 代表理事)

メディア側のデジタル化が進み、AIでのリリース管理もなされるようになってきた。そうした変化に応じて、PR企画をメディアに発信する際、“選ばれる”ためのポイントをSEOに詳しい筆者が解説する。

デジタル化が進んだ今、記者(メディア)がネタ探しをする際に、ネット検索は重要なツールのひとつです。リリース配信サイトや、さらに最近ではメディア独自に導入したリリース分類システムにも、検索エンジンが使われています。これまでは人力で一つひとつ確認されていたものが、「検索」で選ばれなければ、目にも留まらない、ということが起きうる時代なのです。

そんななか、企業の広報担当者がメディア掲載を獲得するためには、Googleやヤフーなどの検索エンジンの検索結果ページで上位表示することを目指すことが有効です。そのために必要な技術こそがSEOです。

SEOはリリース作成にも!

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、直訳すると「検索エンジン最適化」のことです。

日本国内の検索エンジンのシェア(PC版)は、「Google」が78.6%、「Yahoo! JAPAN」が12.23%、「Bing」が8.69%です(2020年12月時点StatCounter調べ)。「Yahoo! JAPAN」の検索エンジンは「Google」の検索エンジンを利用しているため、実質的なGoogle検索の国内シェアは90.8%もあり、検索エンジン=Googleと言ってもいいほどです。

どんなに有益で素晴らしいリリース記事を書くことができても、それだけではGoogle検索で上位表示できません。現在では、メディア側のリリース管理もAI化が進んでいると聞きます。今回は、広報担当者がリリース作成において、Googleやヤフーなどの検索エンジンで上位表示するための...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ニュースバリューを高める! 企画・発想の記事一覧

ニュースバリューを高める! 企画・発想の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する