日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

企業の魅力を高める「動画」の活用

従業員エンゲージメントを高める! 企業の魅力を再発見する動画

短時間でも印象に残すコミュニケーションに向いている、動画。企業の社会的な存在意義を、社員をはじめとしたステークホルダーに伝えていく際にも活用されている。

楽天「日本の医療を支えるレスキューホテルプロジェクト」

動画ニュースでコロナ下の社会貢献を伝える

[DATA]
1997年創業 従業員数2万3000人超(連結・2021年1月)サービス業

https://corp.rakuten.co.jp/innovation/rnn/2020/2006_011/
※上の画像は社外公開用、社内では英語字幕を記載

動画制作の背景

従業員の国・地域は70以上。バックグラウンドが異なる人たちが集まる中で、動画は物事の背景・状況が説明しやすく、社員の熱量を声や表情で伝えることができる。公用語は英語だが、全て聞き取れなくても映像を見れば分かる良さもある。そのため楽天では社内報のメインが動画ニュースとなっている。上記の動画はその一つ。4月13日に配信。なお、動画ニュースは、コロナ関連の内容を増やしており、そのテーマは「事業の変化・社会貢献」「生産性維持・チームビルディング」「スタッフの活動」「健康維持」と大きく4つある。

動画の内容

宿泊予約サービス楽天トラベルのスタッフが、加盟施設によるコロナ無症状・軽症状患者の受け入れ支援を行うプロジェクトについて。約280名のスタッフが全国の施設に電話で受け入れ意志を確認したこと、施設で受け入れ準備の実作業を手伝う様子、担当者インタビューなどで構成。サービスの枠を超え、スタッフが使命感に燃える様子が伝えられた。

動画制作の外部委託

有り

動画のターゲット

従業員

配信場所

動画ニュースは、社内ポータルサイト、従業員個人のスマホに随時配信。また毎週、全社員が参加する「朝会」の冒頭5分間で動画を配信した。オフィスのサイネージ、カフェテリア、エレベーターホールでも映像を放映。楽天のコーポレートサイトでも一部動画を公開している。

工夫

プッシュ通知で個人のスマホに動画ニュースを知らせるほか、全社員が集まる「朝会」で放送するので100%見てもらえている。ニュース素材が写真のみでも、ナレーション、スライド、アニメーション、BGMを使いテンポ良く解説。英語字幕も付けると…

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の魅力を高める「動画」の活用 の記事一覧

従業員エンゲージメントを高める! 企業の魅力を再発見する動画(この記事です)
コミュニケーション手段を再点検しよう 伝わる、最適な手段の選択を

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する