日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報の計画 2021

SNSアカウントの利用が高まる~広報の活動調査 デジタルPR編

編集部調査

「デジタルPR」が前回調査に続き2位にランクイン。コロナの影響でSNSを中心にオウンドメディアの開設・運用も進んだとの声も相次いだ。














5割がTwitterを利用 SNSは重要業務のひとつに

対面のコミュニケーションが制限された分、自社サイト、自社アカウントでのデジタル発信を重視している傾向がみられた。担当する業務として、Facebook、Twitterの運用は5割を超え、Instagram、YouTube、LINEもそれぞれポイントを伸ばしている。社内向けの情報も社外にオープンしていくことで、メディア広報につなげているケースなども多い。

広報担当者の声(アンケートから)

    ●紙と電子のハイブリッド化

    BtoB、BtoGであり、また社員が1000人以上いる中で欠かせないテーマがデジタル化。社内報を紙で発行してきたが、2021年は電子との融合をどう図るかを模索していきたい。当社の業態から、電子のみという扱いでは届けたいターゲットに届かない可能性が高いため、従来の紙と電子を融合させていきたい(朝日航洋 企画室広報担当 中島しずかさん)

    ●SNSの裁量権を各事業部に付与

    各事業ブランドにSNSの運用に関しての裁量権を与え、スピード感をもって運営してもらう。 その代わりに、SNSの運営に関して会社としての取り決めを明確に示して、それを遵守してもらうことを徹底している。具体的には、アカウント立ち上げ時の申請、運営者への研修、管理体制など(デンタルサポート 広報室 室長 中山ちはるさん)

    ●SNSが新たな顧客の掘り起こしに

    これまでは集客(グルメサイト出稿)がメインだったが、SNSをスタートし、当社にまつわる情報を積極的に、タイミングを推し量りながら発信する体制へ変更。それにより、これまで掘り起こせていなかった、お客様への接触ができていると感じる(DREAM REALITY マーケティング部販売促進課 白川浩一さん)...

    あと60%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報の計画 2021の記事一覧

広報の計画 2021の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する