日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

ウマい話の真偽を検証 体当たり企画でトレンド入りも

中京テレビ放送『それって⁉ 実際どうなの課』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

中京テレビ放送『それって!? 実際どうなの課』DATA
  • 放送時間:毎週水曜 23時59分~翌0時54分
  • 放送開始:2019年4月
  • 放送エリア:全国(日本テレビ系)
  • 出演者:生瀬勝久、博多華丸・大吉、大島美幸(森三中)、森川葵
  • 制作スタッフ:プロデューサー2人、総合演出1人、ディレクター9人、AP3人、AD10人
  • 中京テレビ放送の『それって!? 実際どうなの課』は、昔からの言い伝えや謎めいた都市伝説、SNS上であふれるウマい話を「実際にやってみるとどうなるのか」をテーマにした、リアルドキュメントバラエティだ。

    「タダのものでお金が稼げる?」「学歴不問の高額バイトの正体は?」といった気になる噂を、出演者が体を張って検証。体当たりの企画がSNS上でも話題を呼び、視聴率は同放送時間帯で立て続けに1位を獲得している。

    時間・手間を惜しまない

    番組誕生のきっかけについて、企画兼プロデューサーの簑羽慶氏は「昔、『つけるだけで女性にモテるペンダント』といった怪しい商品の広告をよく見かけましたよね。僕も周りも誰一人買った人はいませんが、実際の効果はみんな興味があるはず。SNSでも真偽不明の情報が飛び交うこの時代に、『自分ではやらないようなことを、あえて実際にやってみる』という番組は鉱脈があるのではないか、と思いました」と語る。

    2018年7月に名古屋ローカルで特番を放送後、2019年4月から日本テレビの「プラチナイト」(平日23時59分~放送)の水曜枠でレギュラー化。中京テレビにとって12年ぶりの全国ネットレギュラーとなる。コアターゲットは「テレビ離れ」が進んでいるといわれる10~30代の若者世代を特に意識。「『テレビってやっぱりおもしろい』『捨てたもんじゃないな』と思ってもらえるような、チャレンジングな企画を毎週打ち出せるように力を尽くしています」と簑羽氏。

    そのためには、時間や手間をかける労力を惜しまない。「前人未到の挑戦!週間ずっと目に良いことをし続けたら実際、視力は回復するのか!?」(2020年5月27日放送)では、Wエンジンのチャンカワイが「森や星を見続ける」「観葉植物を見続ける」「遠くを見続ける」など視力回復に良いとされることを1週間継続。検証中、チャンはスマートフォンを見ないようにしていたというほどの徹底ぶりだ。

    撮れ高に関し効率性を重視する番組が増える中、あえて時間も手間もかけて検証し、その過程や予想外の結末もリアルに見せる。そうすることで、視聴者の心を掴む映像を生み出している。

    リリースから企画になることも

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、スタッフ全員が集まる制作会議は取りやめに。週1回、簑羽氏と...

    あと61%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    メディアの現場から の記事一覧

    ウマい話の真偽を検証 体当たり企画でトレンド入りも(この記事です)
    都市ガスとエネルギーに注力、関連産業も扱う専門紙
    生産から流通まで 水産業界を幅広く伝える『日刊水産経済新聞』
    笑顔あり涙ありのリアルなジャッジ企画が新たな顔に
    ジャニーズアイドルが水先案内 「オカネ」と「経済」の入門番組
    創刊115周年の歴史と伝統 良質な誌面づくりに励む
    業界の激変をどう伝えているか?「日刊自動車新聞」
    マーケットを「先読み・深掘り」 デジタルやARを駆使した紙面
    コロナ後の、店長の苦労を伝える背景 解説も担う『繊研新聞』
    インスタフォロワー100万人超 『家事力ゼロ』が視聴者視点に
    全国ネットワークの物流専門紙 コロナ禍のドライバーシェアも報道
    この春誕生の新情報番組 生放送のハラハラ感も魅力に

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する