日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

従業員の一体感を高める 理念浸透のステップ

コロナ禍で社会に果たす役割を再確認 西友の社内ムービー

西友

社会的距離を保つため、社内コミュニケーションも見直しが図られているウィズコロナの今。社の方向性を示し社員のモチベーションにつなげるには、新たなアイデアが求められます。企業の社会における役割やビジョンの浸透を促した事例を紹介します。

社内ムービー「西友 - 毎日の暮らしを支えるために、私たちにできること。」


コロナ禍のアソシエイト(従業員)の姿を中心に、地域の暮らしを支えていく意思を表現した。

企画担当部門(部署):マーケティング部ストラテジー&グロースグループ2人・猿人 ENJIN TOKYO クリエイティブディレクター 野村志郎氏

2020年5月に動画とウェブサイトを制作。動画は、「毎日の暮らしを支えるために、私たちにできること。」と題して、不安を抱えながらもひたむきに目の前の業務に取り組むアソシエイト(従業員)のありのままの姿と、その思いを伝えることにフォーカスしました。動画は、YouTubeとTwitterなど西友のオウンドメディアで公開しました。

コロナ禍によって緊急事態宣言が出され、不要不急の外出が制限される事態の中で...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

従業員の一体感を高める 理念浸透のステップ の記事一覧

新制服はヤマトグループらしさと新たな挑戦を伝えるコンテンツに
コロナ禍で社会に果たす役割を再確認 西友の社内ムービー(この記事です)
社員をひとつにする「企業ステートメント」 手紙のように思いを込めて紡がれた言葉
ブランドステートメントを「パーパス化」して劇的に社内浸透させてみませんか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する