日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方

新たな明星を期待させる 100周年に向けたチャレンジ風土づくり

明星食品

社史や理念、事業の意義を見直す機会となる周年をどのように迎えるか。長寿企業から学びます。

記念企画として、初代の味・パッケージを再現した「明星 チャルメラ しょうゆラーメン 復刻版」を期間限定で販売。

明星食品は2020年3月に70周年を迎えた。プロジェクトを率いたマーケティング部長 中村洋一氏、執行役員 経営企画部長 渡邉玲樹氏は「70周年は100周年に向けたスタート地点」と位置付け、新しい「明星食品」に果敢にチャレンジし、強い会社をつくっていくという行動指針を打ち出すフェーズにあったという。

「社内で選抜したプロジェクトメンバーを中心に社内ヒアリングをしたところ、『電話でしか会話したことのない社員とも交流してみたい』などといったインターナルに関する意見が多数集まりました。そこで、周年で取り組むテーマを『絆』に設定。そこに100周年に向けたチャレンジを推し進める上で、経営層間で課題に感じていた『情熱』『自発行動』もテーマに加え、プロジェクトを進行しました」と中村氏は説明する。

社内の目、社外の目

プロジェクトを進行した中村氏と渡邉氏は同社内で異なる目線をもっていた。中村氏は外資系企業を経て2018年に日清食品入社と同時に同社に異動してきた。渡邉氏は勤続30年以上で、マーケティング部や現在の経営企画部など様々な部署も経験し、長年会社を中から見てきた。「三浦(善功代表取締役社長)から直接指名を受けました。“新しい明星食品”への挑戦のスタートダッシュであるこの周年を、私が中から見てきた視点と中村の客観的視点が合わさり、いいパートナーシップで迎えられたと思っています」(渡邉氏)。

主な取り組みとしては①ソーシャル ②マーケティング ③インターナル ④マネジリアル ⑤ブランドの5つの領域でプロジェクトを展開。①ではインスタント麺好きのコミュニティサイト「明星 メンバーズ コミュニティ」を2019年11月に開設。2020年10月現在1万4000人超が参加しており、ファンから同社商品についての思い入れや感想などもコメントで寄せられており、新たな顧客接点が生まれている。今後はファン育成だけでなく、コミュニティ内の発言分析や商品...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方 の記事一覧

新たな明星を期待させる 100周年に向けたチャレンジ風土づくり(この記事です)
新たな顧客接点・市場開拓へ ビーフンの魅力を伝える
海外進出に、アルファベットロゴ 全従業員で『挑戦』の姿勢を共有
従業員と家族の写真を1冊の本に 社内コミュニケーションを活性化
「愛」と「ひらめき」がテーマ 環境に対する想いを社内外で共有

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する