日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広告企画

世の中から強い共感を生む 中から企業を強くする「ビジュアライズ」

アマナ

「どこにいても働ける」リモートワークを推進するにあたって、会社への求心力を維持し、従業員のエンゲージメントを高める施策が欠かせない。そんな時こそアマナの「カルチャービジュアライゼーション」が役立ちそうだ。

40年以上に渡り、広告界でビジュアル表現を展開してきたアマナ。企業の魅力をビジュアライズし、企業のブランディングに長年携わってきた知見は、従業員のエンゲージメント向上を目指すインターナルコミュニケーション施策にも活きている。それが同社の提唱する手法「カルチャービジュアライゼーション」だ。

パーパスを埋め込んだ企業文化

同社amanaDESIGN div. Branding & Strategy Co-Creative Directorの村上英司氏によると、「カルチャー」こそが、社内外からの共感の結節点となる。その前提に立ち、アマナ式メソッドでは、中から強い企業になるためのカルチャー醸成に必要な3つのポイントを挙げる。①企業文化の中心「企業理念=パーパス」の再発見 ②企業文化の魅力が人に伝わり、動かす方法 ③企業文化内の従業員同士のつながりを可視化して、“躍動”させていく、だ。

①について。埋没してしまったパーパスの魅力の再発見で肝心なのが、“WHYからはじめる考え方”だという。「“なぜやるのか”を先に語った上でプロダクトやサービスを考えていくので、中心に引き付けられる“求心力”が強く、世の中に強い共感を生みます」と指摘する村上氏。

好例に第一園芸の企業文化の刷新を挙げる。同社はこれまで、事業は?と聞かれたとき、「花き園芸事業」と答えていた。「しかし、そもそもなぜこの事業をやっているのか、を起点にディスカッションした結果、パーパスは“感動を創造すること”、そして事業は『感動創造事業』だと気付きました」。

経営層と現場社員では、企業の未来を見る視点が異なることが多い。そんな中、同じパーパスを持つことで、「世の中からこう選ばれたい」「私たちはこうあるべき」という視点が共有されるという。

企業文化の浸透に有効な可視化

次に、②③の社員へのパーパスの浸透だが、ここでも効果的なのが同社の得意とする“ビジュアライズ”だ。「人間は情報の90%以上を視覚から得ているとされています」、そう説得力を持たせる村上氏。心を動かすビジュアルを使いパーパスを視覚化。さらに独自のストーリーを盛り込み、従業員がアクションを起こしたくなる域にまで浸透させるのだ。

先ほどの第一園芸の場合は、「感動創造」を掘り下げるムービーや感動のつくり方をまとめたクレドブックを作成。さらに「感動創造」をする企業としてあるべき事業のあり方や、店舗設計、組織・制度改革などを考えるプロジェクトを発足し、企業カルチャーをつくっていった。

世の中からどう選ばれたいのか。共通のパーパスに皆が共感した上で、自らもパーパスに基づくプロジェクトに参加し、成果が共有・評価されていくことで、社内の参加者の輪が広がっていくという(図1)。

図1 企業に好循環をもたらす「カルチャービジュアライゼーション」

出所/アマナ

第一園芸の場合、理念の見直しから3年、自ら企業文化を醸成しブランド発信を続けた結果、P&Gの「レノア」とのコラボレーションCMが生まれるなど、アウターブランディングにもつながっている。選ばれる企業へと社外への共感も生む、それがアマナの「カルチャービジュアライゼーション」だ。

村上氏は最後に、「私たちは、顧客の中に入って、企業文化の魅力を再発見し、外への伝播までも見据えたブランディングを行っています。共にカルチャーを創造していくクリエイティブパートナーとして捉えてほしいと思います」と語った。

アマナ amanaDESIGN div.
Branding & Strategy
Co-Creative Director
村上英司氏

    お問い合わせ

    株式会社アマナ
    〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-43
    TEL:03-3740-4011
    当社では企業文化の醸成をサポートするWEBプラットフォーム『amana knowledge board』を提供しています。
    詳細は次のURLをご確認ください。https://knowledge-board.amana.jp/

広告企画 の記事一覧

セガ60周年、セイコーとダブルネームの記念腕時計、完売モデルも
「ニューノーマル時代」の社内コミュニケーションの形探る
パーパス・ブランディング その成否を左右する「デザイン」とは
世の中から強い共感を生む 中から企業を強くする「ビジュアライズ」(この記事です)
今PRにできることは? PR TIMESからの問い
リモートワーク下での社内広報とモチベーションUP
独自開発した「Q&Aシステム」でベストソリューションを提供する「ONLINE KAIKEN」
ニュースを軸にした「次世代」社内コミュニケーション
コロナ禍でもブレずに発信 社員と「存在理由」の共有を
情報と感情を同時に届ける 「動画」で高まるエンゲージメント
参加者の満足度85%超 オンラインイベントのPOINTは?
求められる本質的効果 共感を得る社会的意義を設定
社内情報を「外」に積極発信し 交流と自信創出を促す
企業の「潜在価値」を発掘し 2つのブランディングを同時構築
「全社員2500人×経営陣」が心で交わる オンライン社員総会のイノベーション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する