日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

コロナ後の、店長の苦労を伝える背景 解説も担う『繊研新聞』

『繊研新聞』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

『繊研新聞』編集局DATA

  • 部数:20万部(公称)
  • 発行:日刊(土日祝日休刊)
  • 購読料:本紙と電子版セット購読で月額4286円(税込み4629円)、電子版単体は2992円(税込み)
  • 創刊:発行母体の前身、財団法人日本繊維経済研究所は1948年設立。2年後、『繊研・相場速報』の発行を始める。56年に繊研新聞社を設立、59年に『繊研新聞』に改題。
  • 形態:ブランケット判
  • 業種別読者構成比:

『繊研新聞』は、素材メーカーから製造卸、小売店の動きまでを扱うファッション専門紙。「近年は事実報道のみでなく、背景解説の役割も重要になっています」と繊研新聞社取締役編集局長の矢野剛氏は語る。

2020年6月25日付け「ファッションとサステイナビリティー」では、帝人フロンティアが1995年に販売開始した使用済みペットボトルを原料として再生するポリエステル繊維「エコペット」の歴史と歩みを扱った。今後は「環境に優しいから高い」は通用せず、環境負荷が少ない製品も従来品とほぼ同価格で提供することが必要と論じた。

6月29日付けの「店長に役立つページ」コーナーの見出しは「営業再開その時、店長はどう動いた?」。長いところでは2カ月近くに及んだ新型コロナウイルス感染拡大防止のための休業から再開に至るまでの体験を聞いた。ライトオンのアリオ亀有店長は「学生や主婦のアルバイトが多いため、再開後は本人や子供の分散登校に配慮してシフトを組む必要に迫られた」と打ち明ける。

スニーカーを扱うアンディフィーテッド原宿明治通り店長は、顧客に出来る限り商品に触れる回数を少なくしてもらうため、試着持に、ひもを可能な限り緩めて履きやすくする補助などを今まで以上に行った。扱う店舗は...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディアの現場から の記事一覧

コロナ後の、店長の苦労を伝える背景 解説も担う『繊研新聞』(この記事です)
インスタフォロワー100万人超 『家事力ゼロ』が視聴者視点に
全国ネットワークの物流専門紙 コロナ禍のドライバーシェアも報道
この春誕生の新情報番組 生放送のハラハラ感も魅力に
コロナ禍での識者の見解を連載、化学工業関連の専門紙
300社以上の企業情報掲載 イノベーションの潮流を捉える
ナンバー1ヒーローに迫る、1000号を迎えた総合スポーツ誌
日本初60代のファッション誌 雑誌を売ることで市場を広げる
「日常生活の中の経済」に注目 ニッチな企業や繁盛店を発掘
「予定調和にならない」議論を ABEMA開局時から続く夜のニュース番組
持続可能性など社会の潮流にも注目 ワインの専門誌の裏側
日曜の黄昏時にリスナー魅了 ラジオドラマの新たな可能性

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する