日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

映画で学ぶ広報術

広報が観ておきたい!今月の1本『フォードvsフェラーリ』

野呂エイシロウ 放送作家・PRコンサルタント

名画から最新作まで、映画に数多く登場する広報・メディアの仕事。1本の作品から、気になるセリフと名シーンをピックアップします。

「考えたんですが、3台のフォードが1列に並んでフィニッシュラインを越えるというのはいかがでしょうか?」
I was thinking wouldn't it be great if all three Ford cars crossing the line, all at the same time.

イラスト/ミツミマリ

今月の1本『フォードvsフェラーリ』
公開年 2019年
製作国 アメリカ
監督 ジェームズ・マンゴールド
出演 マット・デイモン、クリスチャン・ベール、ジョン・バーンサル、カトリーナ・バルフ、トレイシー・レッツ、ジョシュ・ルーカス

STORY
1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォード社の人々を、実話をもとに描いた作品。元レーサーのキャロル・シェルビーは、フェラーリ社に勝つため、新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていた。シェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらもマイルズをチームに引き入れる。限られた資金と時間の中、2人は力を合わせて数々の困難を乗り越えていく。

「広報のためにここまでやるか?」と脱帽するほどの物語だ。しかも実話。広報の残酷さを肌で感じる映画である。舞台は自動車耐久レースの最高峰「ル・マン24時間耐久レース」。1966年の伝説のレースが舞台となっている。

その伝説のレースから遡ること3年前の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

映画で学ぶ広報術 の記事一覧

広報が観ておきたい!今月の1本『フォードvsフェラーリ』(この記事です)
広報担当者におすすめ!映画14選(後編)
広報担当者におすすめ!映画14選(前編)
広報が観ておきたい!今月の1本『マイ・インターン』
広報が観ておきたい!今月の1本『ティファニーで朝食を』
広報が観ておきたい!今月の1本『七つの会議』
広報におすすめ!今月の1本『トップガン』
広報におすすめ!今月の1本『空母いぶき』

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する