日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

TOKYO2020特別企画

大会唯一のアルコール飲料メーカー 販売促進と企業理解につなげる

アサヒビール

DATA
アサヒビール
契約カテゴリー ビール&ワイン
2015年1月、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会とゴールドパートナー契約を締結。2009年以降、ゴールドパートナーとして、バンクーバー、ロンドン、ソチと3つの大会において支援を続けてきた。大会オフィシャルビールであるアサヒスーパードライ、オフィシャルワインであるサントネージュをはじめ、大会唯一のアルコール飲料メーカーとして活動する。

大会公式ビールである「アサヒスーパードライ」のパッケージもオリジナルデザインに。

アサヒビールは2015年1月、大会組織委員会と東京2020ゴールドパートナー契約を結んだ。国内ビール業界最大手の同社。契約について、同社で東京2020オリンピック・パラリンピック本部 統括企画部主任を務める中村友哉氏は、「日本にとって56年ぶりの自国開催であり、かつてない連帯感を生み出す祭典。日本だけでなく世界中から来日するお客さまにとって、一番の思い出や宝物になるはずです。当社も大会を通じて、存在感のあるブランドでありたい」と、狙いを明かす。

スポーツ観戦との相性の良さ

アルコール片手のスポーツ観戦は、万国共通の定番スタイルだ。スポンサーメリットも高い。「大会オフィシャルビールである『アサヒスーパードライ』のファンを世界中に増やし、売上増加にもつながれば」と中村氏。

これまでも販促キャンペーンとして、大会に関連するイラストが描かれたメモリアルデザイン缶をはじめとする、オリジナル商品を展開。商品購入者を対象に、福山雅治ら日本を代表する複数のアーティストが出演するイベント「KANPAI JAPAN LIVE」や、バドミントンの潮田玲子氏を招いた親子体験型のスポーツ教室を開催してきた。オリジナル商品での大会に向けた機運醸成のほか、イベントによって一体感を高め、人と人が互いにつながる場の創出を目指している。

また...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO2020特別企画 の記事一覧

大会唯一のアルコール飲料メーカー 販売促進と企業理解につなげる(この記事です)
前例のないスポンサーカテゴリー 「虫ケア」の浸透を世界へ
パラスポーツ支援で多様性に理解 顧客に選ばれるガス会社へ
パートナー企業同士の交流会を実現 生まれた人脈が大会後の財産に
リーディングカンパニーのイメージ醸成 企業ブランディングの好機に
「フルスタジアムの実現」へ貢献 ニーズに適した観戦機会を創出
東京都と歩んできた歴史 挑戦する社内風土を大会後に残す
全国キャラバン、聖火リレーなどで47都道府県との接点を強化
1964年の東京大会がルーツ セコムが目指す「安全・安心」
招致時点からパートナーとして活動 大会後に残す3つのレガシー
ロングセラー商品で挑戦を応援 スポーツの魅力を文具で伝える

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する