日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

SDGs実践ノート

ESG経営を実践し信頼と豊かさを創造する

JR東日本グループ

SDGsはコーポレートブランドの確立に欠かせない共通言語。広報担当者が社内外に向けて発信するためのヒントを探ります。

山手線に「SDGsラッピング列車」を走らせたことで話題となったJR東日本グループ。SDGsに取り組むきっかけは2018年7月に公表したグループ経営ビジョン「変革2027」だった。その中に「鉄道インフラ起点」から「ヒト(すべての人)起点」へとビジネスストーリーを転換し、“信頼”と“豊かさ”という価値を創造していくことが盛り込まれている。そこでESG経営を実践し、事業活動を通じた社会課題の解決とSDGsの達成を目指している。

SDGsの認知度向上と理解促進を目的とした「山手線SDGsラッピング列車」は、2019年10月から約4カ月間運行。SDGsのアイコンを車体や車内のつり手に表示したほか、座席は17色を用いたカラフルな市松模様に装飾。乗客の目を引く列車となった。さらに、車内のデジタルサイネージやポスターでは、各ゴールの解説や同社の取り組みを紹介。同社経営企画部地方創生・ESG経営推進ユニットの鈴木聡美氏によると、学生や外国人観光客から反響が多数寄せられた。

ほかにも、プラスチック製品の削減のための「なくそうプラごみ」キャンペーンを展開。グループの直営店舗約1300カ所で、レジ袋とストローを環境にやさしい素材に変更している。ポスターやPOP、動画を通じた啓発活動も行う。

さらに...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SDGs実践ノート の記事一覧

ESG経営を実践し信頼と豊かさを創造する(この記事です)
SDGsファイナンス商品で 全国での啓発を目指す
「捨てさせない屋」がモットー 広報活動で信頼感を高める
短時間の啓発動画で 忙しい社員の理解を促進
新行動規範のもと 機内誌『SKYWARD』などでSDGsを発信
綿密に練った広報戦略で SDGs関連の報道も多数

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する