日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オフィスイノベーション

竹中工務店のオフィスリニューアル 自由度の高い職場環境を実現

竹中工務店

2018年11月、竹中工務店は東京本店の大規模リニューアルを完成させた。新たな価値の創造と生産性向上を目指して、オフィスに新たな機能を追加した。健康面への配慮やダイバーシティ対応も実現した新オフィスの魅力とは。

6階にあるワークラウンジ「KOMOREBI」。グリーンを多く配置し、打ち合わせやリフレッシュなど、多様な使い方をされている。

4階にはコンシェルジュも配置して業務効率が上がる図書ラウンジ「IZUMI」がある。3次元映像を投影できるBIMスタジオを併設している。

エントランスからすぐの場所にある「Wi2(ワイスクエア)」は、企画展示・ワークショップなどにも使われるオープンラウンジ

社員食堂に隣接するカフェ。食事やお茶をしながら打ち合わせに使う人が多い

お気に入りがきっと見つかる 仕事もリフレッシュも自分の好きな場所で

竹中工務店の東京本店ビルは2004年に竣工。その後2011年に1度目の大規模改修を行い、国が推奨するZEB Ready相当を実現。2度目となる今回の改修では、「新たな価値の創造」と「生産性向上」をテーマに、社員の健康にも配慮した職場環境を目指した。実際、アメリカ発祥で人々の健康などに配慮した空間を評価する「WELL認証」において、ゴールドの認定を受けている。

ZEB Ready=再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から50%以上の一次エネルギー消費量削減に適合した建築物

今回の改修計画は2016年の夏ごろにスタートし、2018年11月までに完成。その間に71回にも及ぶワークショップを開催し...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

竹中工務店のオフィスリニューアル 自由度の高い職場環境を実現(この記事です)
日本橋に世界中から最高の人材を 近未来型オフィスでハッピーワークを実現
木材の温もりに包まれる 女性が働きやすいピーチ・ジョンのオフィス
READYFORがオフィス移転 エネルギー高く働ける環境に
最新のビルにカジュアル空間を創出 トリドールHDの新オフィス
渋谷スクランブルスクエアへ移転 創業25年を機に最高の設備と立地へ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する