日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オウンドメディア白書

オウンドメディア白書2020(コンテンツ編集編)

広報会議編集部

オウンドメディアの要となる、コンテンツ編集に関わる社内外の体制づくり。他社ではどのようにリソースを割き、どんな基準で編集を進めているのだろうか。

Q.コンテンツ編集における社内外の運用体制は?(サイトデザインは除く)



Q.編集長はいますか?(コンテンツ編集における責任を負う人)



Q.「編集長」の経歴は?



Q.編集長の経歴、ミッションは?

  • 社内公募での企画が採用され、提案者がそのまま編集長をしている(小売)
  • ウェブメディア編集長&プロデューサー経験者(広告・メディア・報道機関)
  • 前任の責任者退職に伴いスライドして担当に。役割としては記事執筆者にいかに気持ちよく記事を書いてもらえるかのフォローと環境整備、数値の分析などがメイン(IT・情報通信)
  • 元ファンサイトの運用担当者。SNS公式アカウントの運用も兼務(食品)
  • 入社3年目の社内広報担当者。ミッションは自社サービスの認知度向上(医療・介護)
  • 広報担当が、これまで制作・ディレクション・広告代理店業務の経験があることからコンテンツ監修者となった。オウンドメディアから販促物までのデザインディレクションも業務。これから会社全体のブランディングもミッションとなる(建設・建築)
  • ウェブ制作、ディレクション、マーケティングの経験がある社内のウェブ関連の制作物の責任者(建設・建築)
  • プログラミングができる社員。希望のコンテンツの依頼など、一緒に内容を確認しながら進行できるので、とても助かっている。ブランディングも含めてぶれずに対応できるのも強み(商社) …
あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オウンドメディア白書 の記事一覧

オウンドメディア白書2020(集客・プロモーション編)
オウンドメディア白書2020(コンテンツ編集編)(この記事です)
オウンドメディア白書2020(効果測定・コスト編)
オウンドメディア白書2020(戦略・体制編)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する