日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

IRの学校

株価急落へのIR対応

大森慎一(Prop Tech plus 監査役)

とあるメーカーでIR担当を務めている、上場広子と東堂証子。新型コロナウイルス流行による株価変動に直面し、右往左往している。困ったときの相談役、大森慎一先生に慌てて問い合わせを入れたところだ。



広子:こんばんは。

大森:こんばんは。今日のIRの勉強会は、リアルタイムのネット配信で行うようだね。

東堂:そうなんです。なので、勉強会前の大森さんとのミーティングもこうしてウェブ会議システムを通してになったんですよね。

大森:勉強会後の、いつもの交流会という名の飲み会がなくなって寂しいんじゃない?

広子:はあ~、それどころじゃないですよ!こんな相場が続いているんですから……。

東堂:大森さんは普段からリモートワークされることも多くて、ウェブ会議は慣れていらっしゃるかもしれませんが、少し勝手が違いますね。

大森:そうだね。一度、コミュニケーションが確立した間柄のミーティングだと相手の言葉に込めたニュアンスにも気づきやすいだろうから、すぐに慣れるよ。

広子:そうですね、海外の投資家とのテレフォンカンファレンスに比べると、大森さんとはまったく緊張せず、自然に話せますね。

大森:まあ、普段どおりにいきましょう。2人は今会社なのかな?

広子:そうです。投資家や株主からの問い合わせを受けなければならないので、時差通勤しています。この状況いつまで続くんですかね。

大森:感染症対策についてかい?低調な相場のことかい?

広子:どちらもですよ。

大森:うん、こればっかりは僕にも分からない。

広子:まあそうですよね。最近、皆さんからの狼狽を感じるお問い合わせも減ってきましたし、当社業績への短期的で直接的な影響も薄いようなので、少し落ち着いてIRとして何をすべきか今一度考えようと思っています。

大森:いいねえ、続けて。

広子:だいぶ前、東堂がまだ配属される前にまとめた、株価急変時のIR対応マニュアルがあるんですが …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

IRの学校 の記事一覧

株価急落へのIR対応(この記事です)
東証の市場改革とは?
東証の市場構造改革への対応
株価変動のリスクにIR担当者がとるべき対策
IR担当者の危機管理
三様監査とは何か?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する