日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

TOKYO2020特別企画

リーディングカンパニーのイメージ醸成 企業ブランディングの好機に

大和ハウス工業

DATA
大和ハウス工業
契約カテゴリー 施設建設&住宅開発
2016年7月に、東京2020オフィシャルパートナー契約を締結。2009年8月から日本オリンピック委員会(JOC)とのパートナー契約を継続している。2016年7月の契約締結直後に、社内の総合宣伝部内に東京2020オリンピック・パラリンピック推進チームを設置。各部署と連携しつつ推進している。

障害者スポーツ体験授業プログラム「チャレンジド・ビジット」を全国の小学校で実施。

大和ハウス工業は2016年7月、日本オリンピック委員会(JOC)と東京2020オフィシャルパートナー契約を結んだ。カテゴリーは「施設建設&住宅開発」となる。

これまで日本代表経験のあるオリンピアンを社員として採用しているほか、2009年8月からJOCパートナーとしても活動してきた。スポーツ振興や文化活動にも積極的に取り組んできたことから、契約に至った。もちろん東京での開催も決め手となった。

「長年、創業の地である大阪を拠点としていましたが、2013年に東京と大阪の2本社制として以来、東京圏での企業ブランディングが課題となっていました。東京大会は大きなチャンスと考え、招致段階からパートナーになることを広告戦略ではなく、経営課題として検討していました」と総合宣伝部ブランドマーケティング企画室長の栗原将由氏は説明する …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO2020特別企画 の記事一覧

リーディングカンパニーのイメージ醸成 企業ブランディングの好機に(この記事です)
「フルスタジアムの実現」へ貢献 ニーズに適した観戦機会を創出
東京都と歩んできた歴史 挑戦する社内風土を大会後に残す
全国キャラバン、聖火リレーなどで47都道府県との接点を強化
1964年の東京大会がルーツ セコムが目指す「安全・安心」
招致時点からパートナーとして活動 大会後に残す3つのレガシー
ロングセラー商品で挑戦を応援 スポーツの魅力を文具で伝える
グローバル企業がローカルへ訴求 ネットワークを活かし社会課題解決へ
選手村に再生利用できる寝具を提供 3Dカメラ測定で『個別仕様』に
「すべてのひとに優しい空」の実現へ ユニバーサルサービスをレガシーに
東京大会で約20万人サポート 「平和」の実現を語学教育から
五輪スポンサーで5つの効果 アンバサダーが「自分ごと化」推進
共生社会の実現を強調 会場全体で機運盛り上げ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する