日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

SDGs実践ノート

短時間の啓発動画で 忙しい社員の理解を促進

コニカミノルタ

SDGsはコーポレートブランドの確立に欠かせない共通言語。広報担当者が社内外に向けて発信するためのヒントを探ります。

中期経営計画「SHINKA2019」(2017~2019年)で、目指す姿として「課題提起型デジタルカンパニー」を掲げるコニカミノルタ。経営理念である「新しい価値の創造」のもと、社会・環境課題の解決を通してサステナブルな社会の実現に貢献する企業を目指している。2018年4月には、戦略立案機能を持つ「サステナビリティ推進部」を新設。事業の成長と社会に貢献する新しい価値の提供の両方を目指している。2019年12月には「日経SDGs経営大賞」を受賞した。

サステナビリティ推進部 社会推進グループリーダー 部長の御給佳織氏によると、このような考えを社員に浸透させるために、トップダウンとボトムアップ両面からアプローチしている …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SDGs実践ノート の記事一覧

短時間の啓発動画で 忙しい社員の理解を促進(この記事です)
新行動規範のもと 機内誌『SKYWARD』などでSDGsを発信
綿密に練った広報戦略で SDGs関連の報道も多数
業界のSDGs達成をリードするパルシステムグループ
地方銀行初のSDGs宣言で 滋賀県内での推進を後押し
浦和レッズがSDGs参画 豊かな地域・社会の実現に貢献

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する