日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

SDGs実践ノート

綿密に練った広報戦略で SDGs関連の報道も多数

三井住友フィナンシャルグループ

SDGsはコーポレートブランドの確立に欠かせない共通言語。広報担当者が社内外に向けて発信するためのヒントを探ります。

2018年10月に、CSR推進室をサステナビリティ推進室に改称した三井住友フィナンシャルグループ。同室上席推進役の竹田達哉氏によると、同グループでは2014年から「環境」「次世代」「コミュニティ」を軸に企業価値向上に取り組んできた。

2017年には、有識者を集めたダイアログ(双方の理解を深める対話)を実施し、そこで出た意見を踏まえてこれらの軸をSDGs重点目標に設定した。さらに、"注力するSDGs"を10項目選定し、達成に向けて推進している。

同社ではSDGsに関する対外的な広報活動に力を入れている。「企業広告に加えて、我々は個別の取り組み内容を知っていただくために、純粋な報道記事で扱われる機会を大切にしています」と明かす。そのため、対外発表時には必要に応じて記者への説明会を開いてポイントを解説するなどしている …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SDGs実践ノート の記事一覧

綿密に練った広報戦略で SDGs関連の報道も多数(この記事です)
業界のSDGs達成をリードするパルシステムグループ
地方銀行初のSDGs宣言で 滋賀県内での推進を後押し
浦和レッズがSDGs参画 豊かな地域・社会の実現に貢献
国・企業・市民団体と協働で「SDGsトレイン」を運行
研修や広報ツールを駆使して 従業員の納得感を高める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する