日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

TOKYO2020 カウントダウン企画

五輪スポンサーで5つの効果 アンバサダーが「自分ごと化」推進

ブリヂストン

DATA
ブリヂストン
契約カテゴリー タイヤ、タイヤ・自動車サービス、自転車(電動・モーターアシスト除く)、免震ゴム・樹脂配管システムなどの化工品
2014年から2024年末までワールドワイド・オリンピック(最上位)パートナー契約を締結。2018年には、世界で7社目となる、パラリンピックでの最上位パートナーに。2014年からオリンピック・パラリンピック室を立ち上げ、これまでリオデジャネイロ、平昌大会でサポートを経験してきた。オリンピック・パラリンピック室には現在35人のメンバーが在籍。

パラアスリートの困りごとを直接ヒアリングし、義足用ゴムソールを開発した。

1931年に創業し、世界トップシェアを誇るタイヤメーカーであるブリヂストン。東京大会が発表となった後すぐ、2014年に国際オリンピック委員会(IOC)と最高位スポンサーの契約を結んだ。

同社では2014年にオリンピック・パラリンピック室を設置。現在、山田良二氏が室長を務めている。

従業員14万人と行動指針を共有

ブリヂストンの企業理念は「最高の品質で社会に貢献」。サービスや商品で社会貢献をしていく自社の姿勢と、世界の発展、国際理解、平和に共存することを目指すオリンピズムとの親和性の高さがスポンサーになるきっかけとなった …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO2020 カウントダウン企画 の記事一覧

五輪スポンサーで5つの効果 アンバサダーが「自分ごと化」推進(この記事です)
共生社会の実現を強調 会場全体で機運盛り上げ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する