日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

TOKYO2020 カウントダウン企画

共生社会の実現を強調 会場全体で機運盛り上げ

8月25日、NHKホールにてパラリンピック1年前セレモニーが開かれた。東京2020大会では世界で初めて、オリ・パラが平行開催される。"共生社会の実現"をミッションに掲げる大会の1年前をレポートする。

(上から)聖火リレーアンバサダーで射撃パラスポーツ選手の田口亜希氏、女優の石原さとみ、芸人のサンドウィッチマンの2人。会終盤にはNHKの番組でおなじみのチコちゃんも登場した。

東京2020組織委員会は8月25日、NHKホールで「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー」を開催した。東京パラリンピック開幕までちょうど1年を記念して行われた本イベント。東京2020組織委員会の森喜朗会長をはじめ、小池百合子東京都知事、菅義偉内閣官房長官、日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長、国際パラリンピック委員会(IPC)からはドゥエーン・ケール副会長も登壇し、1年後の開催に向けて意気込みを語った。

森会長は、「今大会では史上初、オリンピックとパラリンピックのプロジェクトが一緒に推進される。オリ・パラ一体になることで、共生社会実現の足がかりになってくれれば」とコメント。また、ケール副会長は、「大会準備は極めて順調に進んでいる。社会を変革する過去最高の大会になるだろう」と1年後への期待を表した。

47都道府県で聖火リレー

また式では、パラリンピック聖火ランナーのユニフォームが発表された。東京2020パラリンピック聖火リレー公式アンバサダーの田口亜希氏と、女優の石原さとみ、お笑い芸人のサンドウィッチマンが登壇し、ユニフォームを紹介。聖火リレーの概要についても触れた …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO2020 カウントダウン企画 の記事一覧

五輪スポンサーで5つの効果 アンバサダーが「自分ごと化」推進
共生社会の実現を強調 会場全体で機運盛り上げ(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する