日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「効く」プロダクトPR

味の素がフェイクニュース対策で 世界規模の啓発プロジェクトを始動

味の素「うま味プロジェクト」

110周年を迎えた味の素が社名にも冠するうま味調味料「味の素」だが、“健康に悪い”という誤ったイメージを持つ生活者が多いのが長年の悩み。これを払しょくしようと、2018年から世界規模の啓発活動が動き出した。

Point NYでフォーラムを開催
2018年9月、米ニューヨークで2日間にわたる「WORLD UMAMI FORUM」を開き、うま味とMSGに関する正しい知識を発信。世界中のインフルエンサー約200人が参加し、フォーラムの内容を発信した。

うま味調味料「味の素」

「味の素」といえば日本では、いわゆる化学調味料、すなわち身体に悪いもの、というイメージを持つ人も多いかもしれない。もしくは、「無添加」「化学調味料不使用」の表示がある商品を、積極的に購入するよう意識している人がいるかもしれない。

「味の素が安全でないというのはまったくの誤解ですし、無添加は体に良く、添加は体に悪いと想起させる表示は生活者の優良誤認を招いています」と話すのは味の素広報部長の栢原紫野氏。同社はこの問題で長年風評被害に苦しんできたが、2018年9月に米ニューヨークで開いたキックオフイベントを皮切りに、総予算約10億円のグローバルプロジェクトをスタートさせた。

きっかけは「中華料理店症候群」

世界初のうま味調味料である「味の素」は、1909年に同社の創業とともに発売された看板商品。東京帝国大学の池田菊苗博士が発見した「うま味」は甘味・酸味・塩味・苦味と並ぶ基本五味のひとつだ。このうま味を商品化したものがうま味調味料(グルタミン酸ナトリウムまたはMSG)である …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「効く」プロダクトPRの記事一覧

「効く」プロダクトPRの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する