日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

Pick Up!(PR)

社員3500人に「大切実感」を伝え 全社課題の自分ごと化を実現

ディバータ

社内への関心を高めるサービス「Picol(ピコル)」を9月にローンチ予定のディバータ。全国166カ所で保育施設などを運営するグローバルキッズは、先行開発の「GKアプリ(*)」を使ってコミュニケーション活性化を実現した。

GKはグローバルキッズ(GlobalKids)の頭文字

(左から)グローバルキッズの庄司勝也氏、中山通子氏、近藤裕資氏。

近年の保育需要の高まりによる事業成長によって、従業員数が5年で約3.5倍の3500人以上にまで増加したグローバルキッズ。積極的な人材採用を行っているが、保育士は人材獲得競争が激しく離職率も高い職業。莫大な採用コストが課題となっていた。

そこで、社員が働きやすい環境をつくるため、インターナルコミュニケーションの活性化に取り組むことに。同社経営企画部の近藤裕資氏(経営戦略グループ グループリーダー)によると、これまで実施してきた社内報や年次総会だけではなく「社員とダイレクトにコミュニケーションをとりたい」という想いがあった。それを体現するために、2018年7月に導入したのが、ディバータが開発した社内SNS「GKアプリ」だった。

アプリで自社への関心を高める

アプリは、自由に写真が投稿でき、他の人の投稿を見て「いいね!」を押したり、コメントしたりできる仕組み。ディバータ代表取締役社長の加藤健太氏によると、社員に若い女性が多いという特徴を活かして、ユーザー層が重なるInstagramを参考に開発した。

コンセプトは"社員の大切実感"。「社員一人ひとりが、会社に大切にされていると感じてほしい」という想いを込めた。加藤氏は「企業(経営者)からの一方通行のコミュニケーションでは、無関心層への訴求が希薄となる。情報を伝える前から自社への関心を高めておくことが重要」と話す。

GKアプリには、社内の規定やマニュアルを閲覧できる"ライブラリ"も内包。イントラネットの役割も果たしている。グローバルキッズの現場で働く社員は専用のメールアドレスを持たないため、会社と社員が直接コンタクトをとる手段がなかったからだ。個別の伝達事項がある場合には、各施設の施設長を通じて口頭などで伝えていた。「これでは効率が悪いですよね」と近藤氏。個人のスマホにIDとパスワードを入力するだけで利用できる"アプリ"を選んだ理由のひとつだ。

図1 インターナルブランディングを成功させるには?

会社は自分から変えられる

リリースから約1年経った現在では、社員の3割以上にあたる1000人以上が常時利用しており、1日に何度もアクセスするコア層も育ってきている。「社員同士のコミュニケーションが活性化したことで、園同士で余っているおもちゃを譲り合ったり、ノウハウを共有したりといった、会社にとってプラスになる動きもみられるようになってきました」と総合クリエイティブ・ディレクターの庄司勝也氏(社長直轄広報グループ)。

ブランディング・ディレクターの中山通子氏も「アプリを通して"会社は自分から変えられるんだ"ということに気がついた社員も多いと思います」と話した。

加藤氏によると、2019年9月にはアプリを横展開したサービス「Picol」をローンチ予定だ。


加藤健太氏

ディバータ 代表取締役社長

    お問い合わせ

    株式会社ディバータ
    RCMS事業部

    〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ6階
    TEL:0120-963-604
    https://www.r-cms.jp

Pick Up!(PR) の記事一覧

経営戦略と一体化した広報・PRの指南書
企業のミッション策定におけるオーナーシップの重要性
社員3500人に「大切実感」を伝え 全社課題の自分ごと化を実現(この記事です)
エンゲージメントを改善する 社内メディアの最前線
ブランド価値創造は社内から 体現者となる社員を育てる
埋もれた価値の発見によるコーポレートブランディング
社内コミュニケーションの突破口 従業員向け動画の成功と失敗
新製品発表会の現場を動画でレポート ブランドの意志が伝わるコンテンツに
社内コミュニケーションの突破口 「伝わる動画」の制作・発注の仕方
長期ビジョン・経営課題から逆算 社内イベントで従業員の体験価値向上
次世代社内メディアを創り、従業員エンゲージメントを高める
東大クイズ王のYouTuberが出演 番組連動でBtoB企業を身近に
6年以上続く「ストライプTV」 従業員向け動画 5つのポイント
「既読率」で配信効率を最大化 ! メディアが思わず開封する理由を発掘
「第1回インターナルコミュニケーション研究会」開催 動画活用がテーマ
社会に広がる情報発信者 広報素材の用意もDIYで簡単に
社員に『伝わる』社内向け動画の裏にはバラエティ番組制作のノウハウあり
TBSテレビのウェブメディア「Catari」の世界観をつくるコンセプト開発

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する