日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

工場の改善工夫を網羅した専門誌『工場管理』

日刊工業新聞社『工場管理』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

『工場管理』編集部DATA
  • 部数:3万6500部
  • 発行:毎月20日
  • 定価:1420円(税込)
  • 創刊:1955年。国内唯一の「現場改善雑誌」。創刊第1号と同じ特集「中小工場の体質改善」を900号記念号(2019年3月号)でも取り上げた。「65年の時を経ても現場が抱える課題は変わらないと分かります」。
  • 形態:B5判
  • 職種別読者データ:
  • 『日刊工業新聞』で知られる日刊工業新聞社では、関連領域で複数の専門誌を発行している。そのひとつが『工場管理』だ。同誌は製造業における生産現場の改善手法や人づくりの情報を経営者や工場長、現場の管理者に届けている。

    各社の改善活動の奮闘を伝える連載ページが「闘う!カイゼン戦士」。2019年5月号では「天使のはね」ブランドで知られるランドセル製造のセイバンを取り上げた。現在、大手企業も市場に参入し、少子化で多品種少量生産が求められる業界。トップシェアの同社も作りすぎのムダをなくすため、役割のあいまいな作業台や仕掛け品を置くスペースをなくし生産ラインの短縮を実現。結果、発注から納品まで100日かかっていたのを5日に短縮したケースもあると伝える。

    本連載は親交のあるコンサルタントの紹介や日刊工業新聞の本紙記事などをもとに取材することが多いが、「改善による成果が客観的に分かるデータや、社員が頑張るエピソードがあれば企業サイドからの情報提供も歓迎します」と編集長の永井裕子氏は語る。

    毎号の特集は、製造業のトレンドや人材関連のテーマが多い。2019年5月号の特集「今こそ始めよう!健康経営」では、高齢者や障害者雇用を進めるコーケン工業(静岡・磐田)をピックアップ。社員の29%が60歳以上で、梱包を担当する90歳の男性、ろう付け作業を行う77歳の女性も活躍すると伝える。直近では2019年12月に日刊工業新聞社が主催する「国際ロボット展」が開催されるため、ロボット関連の話題にも注目しているそうだ …

    あと60%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    メディアの現場から の記事一覧

    ウェブファーストで発信する 唯一のファッションビジネス紙
    工場の改善工夫を網羅した専門誌『工場管理』(この記事です)

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する