日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社会に広がるPRの力2019

広報活動が難しいタクシー業界 Twitter連動ツアーを実現するまで

今井菜月(エムケイ 経営企画部 ブランド戦略室 副主任)

タクシー事業などを手がけるエムケイ(京都市)は2015年、Twitterの本格運用を開始。ひねりのある投稿や細やかな対応で話題となり、4万人以上のフォロワーを集めている。広報活動が難しいとされてきたタクシー業界で、Twitterを活用する意義を"中の人"が語る。

京都府立植物園で満開の桜を撮影する今井氏。撮影に使うカメラはソニー「α6300」とオリンパス「E-M10 MarkⅢ」。天気や被写体によって使い分けていて、その割合はソニー:オリンパス=7:3くらい。

photo/中村光明

MKグループ 広報体制
広報担当 4人(うちTwitter担当は1人)
業務範囲 メディアリレーション、ウェブ・SNS運用、グループ8社のパンフレット制作、広報紙『MK新聞』の制作、スマホアプリ「MK Portal」の企画
目的 MKグループの認知向上

「いきなりですけど、こういう手元の写真好きな方どれくらいいらっしゃいます?需要あれば、意識して撮影していこうかと。」。

2018年2月、白い手袋を付けたタクシー運転手がハンドルを握る写真とともに投稿されたこのツイート(❷)は、3万6000件以上の「いいね」が付く大反響。複数のネットメディアから取材依頼が来るほど話題になった。

こうしたフォロワーに寄り添ったツイートで人気を集めているのが、京都市に本社を構え、全国でタクシー事業などを手がけるMKグループ。大手メーカーを中心に企業アカウントが盛り上がりをみせるTwitterで、年々存在感を強めている。

その"中の人"は経営企画部 ブランド戦略室 副主任の今井菜月氏。「タクシー会社だけにおじさんかと思われがちなのですが、実は20代女性です」。2016年3月から一任され、約3年間でフォロワー数1600人から4万人以上のアカウントに育て上げた…

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社会に広がるPRの力2019の記事一覧

社会に広がるPRの力2019の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する