日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

Pick Up!(PR)

社会に広がる情報発信者 広報素材の用意もDIYで簡単に

PR TIMES

自治体やスタートアップ、NPOのほかスポーツチームでも盛んに情報発信を行うようになってきた。使用する広報素材も写真などの画像をはじめ、動画やGIFアニメーション、最近では360度の画像も自前で簡単に用意できる環境が整い、表現の幅が広がっている。

(左)PR TIMES マーケティング本部 営業戦略グループ 熊谷童夢氏
(右)PR TIMES マーケティング本部 営業戦略グループ 宗近昌彦氏

photo/樋木雅美

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営するPR TIMESは、2018年8月にスポーツの情報発信支援プロジェクトとして「SPORTS TIMES」を立ち上げた。スポーツチームや協会団体などがパートナーシップを組むことで、リリース配信サービスを無償で利用することができるというもの。現在、JリーグやBリーグ、フェンシングをはじめ多様なスポーツから66のチームと協会団体が加入している。2月には日本スポーツ協会ともオフィシャルサプライヤー協賛契約を締結した。

選手個人の情報発信も増加

近年、スポーツ団体やチーム、自治体、NPOなど様々な分野でPRの力が求められている。特にスポーツ分野での広がりについて、PR TIMES マーケティング本部の熊谷童夢氏は次のように話す。「以前までスポーツチームの情報発信は試合の予定や結果報告などがほとんどでしたが、最近では地域でのイベントといった草の根的な活動に触れるようなニュースの発信が増えているように感じます。SNSの普及によって、選手が個人で発信をするケースも多いですね」。

SPORTS TIMESを活用した情報発信のメリットは、メジャーなスポーツは試合結果以外の活動にも目を向けてもらえること、あまり一般的でなかったスポーツは興味を持ってもらえる可能性が高まること。同社 マーケティング本部の宗近昌彦氏はその理由について「PR TIMES」に集まる情報の多様性が大きいと説明する。

「『PR TIMES』はグルメや地域など、いろいろな関心軸でメディアの記者が情報収集したり、検索やSNS経由で生活者が直接目にしたりといったことも増えています。ここでリリースを配信することで、思いもよらない接点が生まれるということもあります」。

2018年8月に行われた「SPORTS TIMES」発足記者発表。(左から)プロバスケットボールチーム・アルバルク東京の林邦彦代表、柔道家の篠原信一さん、PR TIMES 山口拓己代表、湘南ベルマーレの水谷尚人代表、栃木サッカークラブ 橋本大輔代表

「◯◯×スポーツ」で新たな層に

では、スポーツ団体やチームのPRにあたって、どのようなコンテンツが有効なのだろうか。熊谷氏は「◯◯×スポーツ」の視点が重要だと話す。「単なる試合結果だけではこれまで以上に取り上げられることは難しいですが、地域のイベントやグルメ、お酒などと掛け合わせたイベントを実施し発信することでスポーツ以外のメディアや生活者に興味を持ってもらえる可能性が広がります」。

とあるサッカーチームではスタジアムを利用してヨガのイベントなどを開催し、ライフスタイル系のメディアに取り上げられるなど、普段リーチできない人々にチームを知ってもらうチャンスにもなっている。さらにPR TIMESでは、360度の画像を活用することでよりインパクトのあるコンテンツ配信も可能だ(詳しくは下記コラムを参照)。

スポーツが社会に与える影響は大きく、そしてそれは非常にポジティブなものが多い。「SPORTS TIMESや360度の画像を活用した積極的な情報発信が、その先のファン獲得や既存のファンの愛着心の醸成、地域活性化につながれば」と熊谷氏は話している。

CHECK!

360度の画像活用で表現の幅も拡大へ

様々なジャンルでPRの必要性が高まっている一方で、リリースにおける表現方法も広がりを見せている。リコーとPR TIMESは2019年3月から、プレスリリース配信における360度の画像活用で連携している。

「PR TIMES」の利用企業に対してリコーの360度カメラ「THETA(シータ)V」と三脚を無料で貸し出す。撮影した写真はリコーのクラウドサービスに保存し、プレスリリース内に挿入することができるという仕組み。クラウドサービスの利用料金は月額5000円からとなっている。

「360度の画像は住宅や店舗、オフィス、工場、イベント会場など空間全体を伝えるのに特に適している」と宗近氏。店舗オープンやイベントレポートでの活用も見込めそうだ。

「今まで平面的な写真では伝えきれなかった空間を発信することができ、360度の画像を掲載してもらえるウェブメディアもあります。商品やサービスによって写真、動画、360度の画像など最適な手段を選んでほしいです」。

360度の広報素材の特設ページ。リコーのクラウドサービス「THETA 360.biz」で掲載URLを発行し、「PR TIMES」のプレスリリース投稿画面に入力することで、360度の画像を表示することができる。

    お問い合わせ

    株式会社PR TIMES
    〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 ヒューリック南青山ビル3F
    Tel:03-6455-5463
    E-mail:ask@prtimes.co.jp
    https://prtimes.jp/

Pick Up!(PR) の記事一覧

「第1回インターナルコミュニケーション研究会」開催 動画活用がテーマ
社会に広がる情報発信者 広報素材の用意もDIYで簡単に(この記事です)
社員に『伝わる』社内向け動画の裏にはバラエティ番組制作のノウハウあり
TBSテレビのウェブメディア「Catari」の世界観をつくるコンセプト開発
「はてなブログ」のノウハウを活用したCMS コンテンツ制作に専念できる環境をつくる
クリッピング活用で社員のモチベーション向上へ
プロジェクト管理ツール「Jooto」でチームが描く「未来」実現へ
ブランディングの成功の秘訣は「インナー起点」にあり
2020年以降に求められる「Be Branding」という考え方
社内外のブランディングに寄与する「コーポレートフォント」とは
動画によるコミュニケーションで社内の情報共有を強化
組織文化を受け継ぐためのインターナルコミュニケーション施策とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する