日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

地域メディアの現場から

全国誌の京都特集とは違う 「私たちの街」の情報を伝える

リーフ・パブリケーションズ『Leaf』

ローカルで人気のテレビ番組や地元情報をきめ細かく伝える新聞・雑誌の編集方針や人気の秘密、つくり手の考え方を紹介します。

    リーフ・パブリケーションズ『Leaf』
    創刊 1996年
    発売エリア 京都・滋賀を中心に、大阪、神戸などの阪神圏および、東京都内で一部販売
    発行部数 8万部

    反響の良い特集など

    「京都・滋賀 新しい店」(毎年3月)
    毎年恒例の特集。前年にオープンしたランチの美味しいお店や居酒屋など100店以上を紹介する。この特集で新店の情報を仕入れる読者も多数。

    「夜ごはん」(毎年9月)
    秋の夜長に合わせた定番企画。歴史的な京都の街にも、年々カジュアルな飲食店が増加。その影響か、外食する人も増えてきている。

    「京都 川床111軒」(2018年6月25日発売号)
    京都の夏を彩る川床を取り上げた特集。鴨川納涼床から貴船の川床まで、あらゆるエリアの川床を紹介。「鮎が食べられるかどうか」など、きめ細やかな情報を提供。

    「京都・滋賀 CAFE&COFFEE」(2016年3月25日発売号)
    コーヒー消費量全国ナンバーワンの京都。老舗の喫茶店からニューウェーブのコーヒースタンドまで、こだわりのコーヒー店が街にひしめき合っている様を伝えた。

書店の旅行コーナーでは、「京都特集」と書かれた雑誌がよく目に入る。寺社仏閣が点在し、趣深い風景があちこちに広がる観光資源が豊富な街・京都。今も昔も、国内外の観光客から人気がある。

そんな京都の中心地・烏丸御池(京都市中京区)にオフィスを構え、地元に根差した情報を発信しているのが、毎月25日発売の月刊誌『Leaf』(リーフ・パブリケーションズ)。独自の目線で、京都の料理店やスイーツなどを紹介するタウン情報誌だ。17年前からは、隣県である滋賀県の情報も合わせて掲載するようになった。

創刊は1996年4月で、今年で23年目。ターゲットは京都・滋賀に住む20~40代の女性だ。リーフ・パブリケーションズ編集部 局長で『Leaf』編集長の加藤純子氏は「もともとは20代女性をメインターゲットとしていたが、創刊当初からの読者が今でも愛読し続けてくれている。そのため、ターゲット層は広がっている」と説明する。

どこにも負けない「新店情報」

2019年3月現在、第1特集(60ページ)を担当する編集者は加藤氏を含め5人。全員20~40代の女性で、まさに『Leaf』のターゲット層と同じだ。そのほか約10人のライターと協力して誌面作成を進めている …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域メディアの現場から の記事一覧

全国誌の京都特集とは違う 「私たちの街」の情報を伝える(この記事です)
歴代最高の年間平均視聴率 親子で安心して観られる番組に
60人の「タウン記者」も活躍する『埼玉新聞』
伝統とイノベーションのまちで 常に進化する「京都新聞」
佐賀新聞、紙面とウェブの協働体制構築 有料デジタル会員は2割
千葉テレビの朝は「シャキット」ロビーから生中継

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する