日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

Pick Up!(PR)

プロジェクト管理ツール「Jooto」でチームが描く「未来」実現へ

PR TIMES

オウンドメディアの運営や社内での情報共有など、広報担当には社内外の密な連携が求められる。PR TIMESではプロジェクト管理ツール「Jooto(ジョートー)」を活用することによって、コンテンツ編集・制作業務の効率化や、コミュニケーションの活性化を実現している。

(右)PR TIMES Jooto事業本部 本部長 原 悠介氏
(左)PR TIMES 経営企画本部 コーポレートカルチャーマネージャー 名越里美氏

photo/杉能信介

PR TIMESは2018年12月、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」というミッションのもと、コーポレートサイトをリニューアルし、オウンドメディアの役割も担うサイトとして新たに開設した。

コンテンツは社会課題解決に向けて取り組む様々な"行動者"とPR TIMES社員が対談する「CROSS TALK」や、PR TIMES内の部署横断で社員同士が対談を行う「ACTION」など4つに分かれており、「人」「行動」にフォーカスした内容となっている。

社内外を巻き込むプロジェクト

立ち上げの目的は「採用広報」と「インターナルブランディング」の2つ。「事業やサービスを軸としたコミュニケーションだけでなく、組織としての発信を強化・集約するコンテンツプラットフォームとしてオウンドメディアを立ち上げました。お客さまや取引先、採用候補者など当社を取り巻くステークホルダーの方々と、長期的なつながりを持ち続けたいと思っています」と話すのは、同社経営企画本部 コーポレートカルチャーマネージャーの名越里美氏だ。

編集・制作にあたっては、名越氏が全体を統括しているほか、外部のライターやカメラマンと連携し、週に1~2本のペースで記事を公開している。他の業務と並行してコンテンツを発信し続けることは容易ではないが、「いざオウンドメディアの責任者に就いてみると、良い意味で社内外の多くの方を巻き込む仕事であると感じました。制作に携わるメンバーはもちろん、記事に登場する方や、情報発信を担う社内の広報担当・SNS担当などとの連携が求められます」と名越氏。

運営面だけではなく企画のアイデア出しといったクリエイティブな面での課題も。「メディアである以上、読者となるユーザーにとって有益なコンテンツでなければ運営する意味がないと思っています。紙媒体のように明確な締め切りや枠の概念がない一方、魅力的な企画を生み出し続けることが必要です」。

目的の「可視化」が実現へと導く

そこで名越氏は、オウンドメディア運営のプロジェクト管理のためにPR TIMESが提供する「Jooto(ジョートー)」というツールを自社内でも活用している。

Jootoはカンバン方式のプロジェクト管理ツールで、ユーザー数は現在約15万人。タスクを「進行中」「完了」などの色分けしたタブごとに表示でき、優先度合いなどによってドラッグ&ドロップでタスクを移動できるようになっている。

3月には料金プランを大幅にリニューアル。今まで「ガントチャート、絵文字の利用」「GoogleカレンダーやSlackなど外部連携機能」のように機能別で分けていたプラン形態を、4人まではすべて無料で利用できるようにした。ユーザー5人目からは1人追加ごとに月額500円の課金を行う。

同社でJooto事業本部の本部長を務める原悠介氏は、今回のリニューアルについて次のように話す。

「2014年の提供開始以来多くの方に利用していただく中で、現場で働く方のタスク管理はもちろん、マネジメント層がどのようにプロジェクトを運営していくかという点での課題が見えてきました。そこで機能別での提供ではなく、個々の課題によって柔軟に対応できる"よりそい型"のサービスでありたいと考え、すべての機能を無料で使えるようにしました」。

名越氏は実際にJootoを活用してみて、関わるメンバーと直接顔を合わせなくても密にコミュニケーションが取れるようになるなど手応えを感じている。「Jootoで一元管理することで相手によってツールを使い分ける必要もなくなり、時間的コストも削減。最も重要なコンテンツ企画に割ける時間が増えました」と話す。

オウンドメディアの運営に限らず、マルチタスクの広報担当者にとってプロジェクト管理は必須だ。「今の課題や目的を可視化しないとプロジェクト実現には至らない」と原氏。「業務効率化とコミュニケーションの活性化でチームの一体感を醸成し、自分たちが想像した未来に少しでも近づくサポートになれば」と話した。

CHECK! Jootoの使い方
Jootoはカンバン方式のボードとガントチャートを主体にプロジェクト管理を進めていく。メンバーがつくったタスクを元に作業の内容・状態・進捗状況が確認できる。

DATA

「PR TIMES」コーポレートサイト
https://prtimes.co.jp/

設立年:2018年12月にリニューアル
所管部署(人数):経営企画本部(1人)
ターゲット:同社に関わるステークホルダー
更新頻度:1~2本/週

    お問い合わせ

    株式会社PR TIMES Jooto事業本部
    https://www.jooto.com/contact/
    〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 ヒューリック南青山ビル3F

Pick Up!(PR) の記事一覧

社員に『伝わる』社内向け動画の裏にはバラエティ番組制作のノウハウあり
TBSテレビのウェブメディア「Catari」の世界観をつくるコンセプト開発
「はてなブログ」のノウハウを活用したCMS コンテンツ制作に専念できる環境をつくる
クリッピング活用で社員のモチベーション向上へ
プロジェクト管理ツール「Jooto」でチームが描く「未来」実現へ(この記事です)
ブランディングの成功の秘訣は「インナー起点」にあり
2020年以降に求められる「Be Branding」という考え方
社内外のブランディングに寄与する「コーポレートフォント」とは
動画によるコミュニケーションで社内の情報共有を強化
組織文化を受け継ぐためのインターナルコミュニケーション施策とは?
2020年の大変革に向けて 動画を「報道視点」でアップデート
動画を活用した社内広報で円滑なコミュニケーションを
社内コミュニケーションによって組織の戦略実行力を高める
理念の浸透を通じて強い組織風土に
経営方針を社員に浸透させ組織の一体感を醸成する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する