日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

Pick Up!(PR)

社内外のブランディングに寄与する「コーポレートフォント」とは

タイププロジェクト

2018年12月5日、宣伝会議ではコーポレートブランディングをテーマとしたカンファレンスを都内で終日開催し、企業の広報担当者ら160人が参加。企業ブランド確立・強化のために広報に必要な知識やノウハウを共有した。

photo/牧内裕司



第2部に登壇したのは、タイププロジェクト 代表取締役兼タイプディレクターの鈴木功氏。デザイン情報誌『アクシス』専用の「AXIS Font」や、「金シャチフォント」などの都市フォント、またソニーやデンソーなど様々な企業向けの独自の書体「コーポレートフォント」を開発してきた実績をもとに、フォントが果たす役割や活用のポイントについて紹介した。

フォントは企業の「声」

近年、ブランド統合によるリブランディングやグローバル展開、周年などを機にコーポレートフォントを持つ企業が増えている。その大きな狙いとして、「改めてコーポレートアイデンティティを明確にしたいという目的がある」と鈴木氏は話す。

「企業を人に例えると、コーポレートフォントは『声』のようなもの。自社の声にふさわしいフォントを使うことによって、企業のアイデンティティを表現し、強化することができます」。

コーポレートフォントは社外向けはもちろんのこと、インターナルブランディングの強化にもつながる。鈴木氏は「社員の帰属意識を高め、働くモチベーションアップも期待できる。ロゴタイプだけでなく、日常的に使用するフォントを活用することでブランド価値を高めてほしい」と話した。

フォントは開発したら終わりではなく、定着させるまでのプロセスにも意味がある。「長期的に使うことで信頼性、主体的に使うことで愛着心の醸成、広く使うことで企業の一貫性につながる」といい、有効活用する企業が増えていきそうだ。

「企業だけでなく地方自治体などにもアイデンティティの重要性は高まっている」と鈴木代表。

代表取締役/タイプディレクター 鈴木 功氏

Pick Up!(PR) の記事一覧

ブランディングの成功の秘訣は「インナー起点」にあり
2020年以降に求められる「Be Branding」という考え方
社内外のブランディングに寄与する「コーポレートフォント」とは(この記事です)
動画によるコミュニケーションで社内の情報共有を強化
組織文化を受け継ぐためのインターナルコミュニケーション施策とは?
2020年の大変革に向けて 動画を「報道視点」でアップデート
動画を活用した社内広報で円滑なコミュニケーションを
社内コミュニケーションによって組織の戦略実行力を高める
理念の浸透を通じて強い組織風土に
経営方針を社員に浸透させ組織の一体感を醸成する
ブランディングに寄与する社内広報のあり方とは?
健康経営支援で 社員の行動変容とワークエンゲージメントの向上へ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する