日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社内報のつくり方

従業員の幸せを追求 家族に直接届くオプトの社内報

オプト

インターナルコミュニケーションを活性化させ、事業の成長を後押しする役割を担う社内報。今回はマーケティング事業を行うオプトの社内報制作の裏側に迫ります。

オプト『かぞく報』

インターネット広告などを中心としたマーケティング事業を行うオプトの社内報『かぞく報』は、約800人いる従業員の家族を対象に年1回発行している。郵送され、宛先は3件まで登録することができる仕組みだ。登録先は、自身や配偶者の実家、祖父母宅のほか、自宅であったとしても配偶者や子どもが宛先になっている。「家族に会社を知ってもらうことに特化した社内報です」と同誌を制作する広報部の高村奈津子部長は説明する。

『かぞく報』は2015年、当時の鉢嶺登社長(現オプトホールディング代表取締役社長グループCEO)の発案によって創刊された。オプトでは創業以来、社員の幸せを重視しており、その土台のひとつに「家庭の安定」があると考えている。加えて鉢嶺社長が、病死したある社員の遺族と交わした会話が発刊のきっかけとなった。

「息子が会社で活躍する姿をそれまで知らなかったご両親は、社長や同僚から話を聞きとても喜ばれたそうです。この時、鉢嶺は家族に対して会社や従業員の近況を報告するツールが必要だと実感したようです」と高村氏は振り返る。

コンテンツのひとつに、半期ごとに行われる個人表彰の受賞者紹介がある。MVP受賞者については、どのように会社に貢献したか具体的に記載されるほか、受賞者から家族あての感謝のメッセージが家族写真とともに掲載される …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内報のつくり方 の記事一覧

従業員の幸せを追求 家族に直接届くオプトの社内報(この記事です)
多様な価値観を共有 統合会社のグループ報のつくり方
社員アンケートで誌面を構成 かばんメーカー・エースのグループ報
日英併記で国内外に同時発信 住友商事のグローバル社内報
社内ライターが記事執筆 三井不動産の社内報ができるまで
グローバル企業の経営を伝える 社内報はブランド力向上ツール

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する