日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

専門メディアの現場から

若年層の田園回帰なるか 90周年を迎えた専門紙『日本農業新聞』

日本農業新聞

業界ごとに存在する数多くの専門メディア。広報担当者にとっては、メディア対応の登龍門となることも多いでしょう。その編集方針やヒット企画、注力テーマを聞き、関係構築のヒントを探ります。

『日本農業新聞』編集局DATA
  • 部数:33万5050部
  • 発行:日刊・宅配
  • 購読料:2623円/月
  • 創刊:1928年『市況通報』として創刊。37年『日本農業新聞』に改題。78年全国日刊化。2018年3月創刊90周年を迎えた。
  • 形態:ブランケット判
  • 年代・職業別読者データ:

    ※日本農業新聞「読者モニター調査」2017年より

  • 『日本農業新聞』は日本で唯一の日刊農業専門紙。全国の農業者とその家族が触れる、回読率の高いメディアである点が特徴だ。「農家の農業経営と暮らしに役立つ情報を中心に取り上げています」と編集局長の内田英憲氏は語る。

    40代以下の新規就農者が4年連続で2万人を超え、若年層の田園回帰の流れもあるなか、農業の分野に縁遠かった企業や商品の情報も扱う。

    例えば2018年8月6日付「話題の商品」欄に掲載された、拡声器メーカー・ノボル電機製作所(大阪・交野市)のメガホン。マシンガン音で鳥獣を追い払う商品だ。記者が展示会に取材に出向くなど情報収集の中で見つけた。内田氏は「記者クラブへの資料配布だけでなく、農業技術関連なら営農生活部に、流通関連なら農政経済部に情報を寄せてください」と言う …

    あと74%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    専門メディアの現場から の記事一覧

    若年層の田園回帰なるか 90周年を迎えた専門紙『日本農業新聞』(この記事です)
    国内で最も歴史の長い自転車専門誌 「e-bike元年」をどう見る
    受験を取り巻く環境が激変!『プレジデントFamily』の編集方針
    新施設と動向をいち早く報道 レジャー産業の専門誌
    雑誌『ランドネ』が創刊100号 山ガールから本格アウトドア情報まで網羅
    病院運営指針を提供する専門誌 医療分野の広報活動にも注目

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する