日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

地域メディアの現場から

福岡県民に朝の「時計代わり」として愛される『アサデス。KBC』

『アサデス。KBC』 (九州朝日放送)

ローカルで人気のテレビ番組や地元情報をきめ細かく伝える新聞・雑誌の編集方針や人気の秘密、つくり手の考え方を紹介します。

    『アサデス。KBC』(九州朝日放送)
    放送時間 月曜日~金曜日、午前6時~8時
    放送開始 2001年4月2日
    放送エリア 福岡県
    出演者 宮本啓丞(KBCアナウンサー)、徳永玲子、おすぎ、石原良純、松村邦洋、川島透、深堀元文、青木裕司、トコ、西田たかのり、佐藤栄作、こだマン、山田としあき ほか
    スタッフ数 44人(他番組との兼務を含む)

    人気のあるコーナー

    「SPORTS☆キラリ」
    福岡ソフトバンクホークスの試合結果や選手へのインタビューを届けるコーナー。シーズン中はもちろん、オフシーズンも放送している。

    「朝イチ スクープ!」
    福岡の人々に今注目してほしいことを、スクープから身の回りの小さな異変まで、番組独自の視点で毎日発信している。

    「ド☆ローカルNEWS」
    全国紙や全国ニュースでは取り上げられない地元に密着した情報を取り上げる。視聴者からのネタ提供も多い。

九州朝日放送(KBC)が月曜から金曜の早朝に放送する『アサデス。KBC』。2001年から福岡の人々に朝一番の新鮮な情報を届けている。同じ放送時間帯にはキー局制作の強力な裏番組が並ぶが、同番組は2011年から2017年まで連続で、北部九州の年間平均視聴率トップを堅守している(ビデオリサーチ調べ、6:45~8:00枠)。

コミュニティの中心的番組に

「番組のポリシーは"福岡の人のための番組"であることです」。そう語るのは、2016年から同番組を担当する9代目プロデューサーの野村友弘氏。「テレビのニュースは東京発の情報が中心ですが、必ずしもそれが福岡の人にフィットするとは限りません。今はZOZOの『ZOZOSUIT』のように、服のサイズでさえ個人に合わせる時代。情報も同じだと思うのです」。

例えば、7月に起きた西日本豪雨では、全国ニュースは大きな被害を受けた広島県や岡山県の状況を中心に取り上げていた。『アサデス。』では、それらに加えて県内の被害状況やその後の復興状況などを詳しく伝えるように努めた …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域メディアの現場から の記事一覧

福岡県民に朝の「時計代わり」として愛される『アサデス。KBC』(この記事です)
「まちの記録係」として地域の情報を発信する『みんなの経済新聞』
「OH!」をキーワードに 大阪発で誰かと誰かをつなぐラジオ
北海道のシニア層に 新鮮な情報と生きがいを届ける
女心を押さえたデザインで、東海エリアの女性に愛される情報誌
佐々木希編集長とともに、秋田の魅力・課題を全国に発信!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する