日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「健康経営」と働き方改革

子育て世代を中心に ウェルネスイベントで相互理解を深める

アダストリア

健康経営を推進するためには、トップの考えを従業員に浸透させることが重要。オフィス・仮眠実験・研修施設・ウェルネスイベントの4事例から、従業員参加型の取り組みを実施するためのヒントを探る。

FUJIYOGA
顧客を対象にしたウェルネスイベントも実施。イオンモール甲府昭和店では、150人の顧客が富士山を眺めながらの朝ヨガに参加した。

国内外で「LOWRYS FARM」や「GLOBAL WORK」など20ブランド以上、約1500店舗を展開するファッション専門チェーンのアダストリア。2018年3月からはコーポレートスローガンに「Play fashion!」を掲げ、ファッションと人生を楽しみながら、たくさんのワクワクを世界に届ける企業を目指している。

社員の家族にも健康を

同社には、このスローガンにも通ずるミッション「ファッションと人生を楽しみ、個性にあふれた世界をつくる。」がある。さらに、これを実現するために「ADASTRIA STANDARD」として理念・文化・行動規範を定めている …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

従業員参加型で広がる健康経営と働き方改革の記事一覧

従業員参加型で広がる健康経営と働き方改革の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する