日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

専門メディアの現場から

新施設と動向をいち早く報道 レジャー産業の専門誌

綜合ユニコム『月刊レジャー産業資料』

業界ごとに存在する数多くの専門メディア。広報担当者にとっては、メディア対応の登龍門となることも多いでしょう。その編集方針やヒット企画、注力テーマを聞き、関係構築のヒントを探ります。

『月刊レジャー産業資料』編集部DATA
  • 部数:1万8000部
  • 発行:毎月25日発行
  • 定価:本体5500円+税
  • 創刊:日本のレジャー産業拡大期、1968年に創刊。以後、常に市場環境の変化を捉え、求められるレジャー事業のあり方を提言。経営層の投資判断に資する。
  • 形態:A4判
  • 職種別読者構成比:
  • 『月刊レジャー産業資料』は、東京オリンピック開催の2020年にインバウンド観光客数4000万人を目指す政府指針の中、豊富な事例取材と独自データでレジャー業界の変化を捉える経営情報誌。関連ビジネスの企画・開発担当者や決定権をもつトップ経営者層が読者ターゲットだ。注目のレジャー業種・業態をいち早く紹介する。

    2018年6月号では、夏を迎え、集客力で再び注目を集める「『お化け屋敷』『ホラーイベント』の魅力」を特集。チームラボの映像技術を用いた東京ドームシティ アトラクションズの「怨霊座敷」、フェイスペイントをしたゾンビが商店街に繰り出し2日間で1万5000人を動員する「横川ゾンビナイト」(広島市西区)などを取り上げた。

    「わずか10坪でリアルな恐怖を提供するデックス東京ビーチの『台場怪奇学校』など人気施設の運営実態につき、デベロッパーの視点も入れながら取材を進めました」と編集長の黒羽義典氏は話す。

    毎年8月号で発表の前年度「レジャー施設集客ランキング」は独自取材とアンケートの賜物。国の発表にもないテーマパークや遊園地などの入場者数データを順位づけして発表する。「社内外の情報提供者やデータ元など、あらゆるソースをあたります。当社の人的ネットワークを駆使して、独自データを収集・分析し、読者である経営者層や施設の企画・開発担当者の業務に貢献したいと考えます」と黒羽氏は語る。

    「Front Lines」や「NEWS&TOPICS」では毎号、注目企業の新たな動きを探る。18年5月号では、19年夏に三重県津市に開業予定、ベビースターラーメンで知られる「おやつカンパニー」関係会社による工場一体型テーマパーク「おやつタウン」の計画を伝えた …

    あと55%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    専門メディアの現場から の記事一覧

    新施設と動向をいち早く報道 レジャー産業の専門誌(この記事です)
    雑誌『ランドネ』が創刊100号 山ガールから本格アウトドア情報まで網羅
    病院運営指針を提供する専門誌 医療分野の広報活動にも注目
    Appleファンのための専門誌『Mac Fan』 教育・医療など読者層も拡大中
    なぜ売れた?100均から保険まで 商品テストの雑誌『LDK』編集の裏側
    食育やフードロス削減に注目 老舗専門紙「日本食糧新聞」

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する