日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

働きたい会社になる!社内広報の役割

ファミマ・澤田貴司社長がこだわる社内広報「ストアスタッフこそがHEROだ!」

ファミリーマート 澤田貴司社長

2016年9月、サークルKサンクスとの経営統合を経た新生・ファミリーマート。社長に就任した澤田貴司氏は、社員や加盟店とのコミュニケーションを重視してきた。社内報の刷新、全国の店舗を回る「気合い de 突撃」などに取り組んできた理由とは。

ファミリーマート 代表取締役社長
澤田貴司(さわだ・たかし)氏

1957年石川県生まれ。81年上智大学理工学部卒業後、伊藤忠商事に入社。97年ファーストリテイリングに入社し、翌年取締役副社長に就任。2002年同社退社。2003年、投資ファンド「キアコン」設立。2005年リヴァンプ設立。2016年9月から現職。

現場からLINEで厳しい苦言も

──社内報を拝見して、澤田社長と加盟店の皆さんとの距離の近さに驚きました。「気合い de 突撃」と題して、これまで全国で約450店を回っているとのこと。社長就任前の店舗研修のみならず、今でもレジ打ちに入られることもあるそうですね。

時間さえあれば店舗に顔を出しますね。ついさっきも、近くで4店舗ほど回って来たところです。現場の皆さんとはLINEで何百人もつながっていて、バンバン現場の様子が入ってきます。「澤田さん、今回のキャンペーン施策はおかしいと思います」と率直に苦言を送ってくれる方もいますよ。

もちろん倫理観とか礼儀をわきまえるのは大事だけど、加盟店も本部スタッフもみんな同じチーム。僕はたまたま社長という役割にあるだけで、「同じチームで仕事をしているんだ!」と感じてもらいたい。もちろん忖度は抜きでね。いい報告ばかり上がってくる組織はおかしい。悪い報告こそどんどん持ってこいよ、と常に言っています。

だからあらゆる業務で「徹底してアンケートを取れ」「寄せられた回答は全部オープンに」と言い続けています。例えば僕がメディアに出たら、広報室から出演情報を知らせるだけではなくて、感想も寄せてもらい、すべてに目を通しています。厳しい意見も出してもらって赤裸々に共有した方がいい。

2017年11月に『カンブリア宮殿』(テレビ東京)に出演した後、現場から反響が多数寄せられましたが、中にはネガティブなものもありました。というのも司会の村上龍さんに「ストアスタッフは茶髪でも鼻ピアスでも採用されるのか?」と聞かれて、僕は「いいと思う」と答えたんです。すると、加盟店の皆さんから反感も含めて実に様々な声が寄せられました。

そんなときは、発言の意図をちゃんと伝えます。これは「企業として多様性を大事にしている」というメッセージなんです、と。だって今この瞬間も、色んなお客さまが来店されるわけじゃないですか。経営者が公の場で多様性を否定するのは企業姿勢としておかしいでしょ。そう皆に伝えると、「なんだ。澤田さんもちゃんと考えてるんだね」と安心してもらえる。常に"意図"が伝わるようにコミュニケーションできる関係性があれば大丈夫なんです。恋愛とかもそうじゃないですか(笑)。

ほかにも毎年春には、加盟店の皆さんに全国各地で「感謝の集い」という年度の方針を説明する場を設けています。現場の人たちが毎日働いてくれているからこそファミリーマートというチェーンがあるわけですよ。僕は「ストアスタッフこそがHEROだ!」と思っているので、そういう"ありがとう"の気持ちを込めたのが「感謝の集い」。2年間で45回、開催してきました。

地方のメディアキャラバンにも注力。地元のスタッフとテレビ番組出演も(写真は九州朝日放送『サワダデース』)

社内報の企画で外国人スタッフとダイレクトミーティング。業務改善のヒントを探す貴重な場に

今でも定期的に店頭に立ち、時には接客をすることも

お昼は社員と「澤田めし」

──本部で働く社員向けにも拠点ごとの全体集会「気合注入講演会」、皆さんとランチを一緒に食べる「澤田めし」という場がありますね。

社員向けの「気合注入講演会」は2年間で35回。全国の各拠点で大体のべ1万人の社員が参加していて、地方だと終了後に居酒屋で懇親会を開くこともありますよ。ダイレクトに自分の言葉で話せる機会がなかなかないですから貴重です。

「澤田めし」は、お昼の時間を使ったコミュニケーションの場。会食や緊急案件がなく、池袋の本社にいる日はここ(社長室に置かれた大テーブル)で社員と一緒に昼食を食べています …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

働きたい会社になる! 社内広報の役割の記事一覧

働きたい会社になる! 社内広報の役割の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する