日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

急成長トップからの挑戦状!

「社長も複業」のスマイルズ 制度化を待たずにリリースした背景とは

サイボウズ⇒スマイルズ

成長企業の社長たちが『今気になる社長』に挑戦状を突き付ける!急成長の裏に潜むPR戦略の秘密は、果たして明かされるのか……?

    Q.社長自らが複業を始めたのはなぜ?

    先日は複業(業務外業務)で素敵なコーディネートを提案いただき、ありがとうございます。きちんとして見えるのに着心地が良くて、すっかり私の定番服になっています。

    今回依頼した「業務外業務」は、社長のいつもと違った一面を見ることができますし、とても面白いサービスだと感じました。ほかにも「交換留職」や「社内ベンチャー支援」など、「働き方」の切り口でメディアに取り上げられていることが多いですが、これらの取り組みの根底にはどのような思いがあるのでしょうか。

    (サイボウズ 代表取締役社長 青野慶久氏)

    A.社員がやりたいことを実現できるように、個人の「人生」を大切にしています。

    (スマイルズ 代表取締役社長 遠山正道氏)

先日は私の「業務外業務」でコーディネートを担当させていただき、ありがとうございます。私がおすすめした洋服を着て色んなメディアに登場されているのを拝見し、気に入っていただけたんだなと嬉しく思っていました。

社員の素直な感情を大切に

ご質問の回答に入る前に「業務外業務-WORK WITHOUT WORK-」の説明を。スマイルズでは2017年4月に「社長も複業の時代!?」と銘打って、私自身が特技を活かして複業に取り組む「Smiles.come(スマイルズドットカム)」というサービスをスタートしました。

2017年7月から「業務外業務」に名称を変え、芸術家や経営者など7人の"一角のヒト"が、特技ややりたいことを提供するプラットフォームに発展しました。私もその一人として、青野さんのコーディネートを担当させていただきました。他にも、手品やナレーションなどの仕事も受けつけています。

さて、質問に戻ります。こういった取り組みをしている理由についてですが……。私自身、三菱商事の社内ベンチャーという形でやりたいことを実現してきました。スマイルズの社員にも同じように、自分の中にある"想い"や"やりたいこと"を形にしてもらいたい、という気持ちがあります …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

急成長トップからの挑戦状! の記事一覧

「社長も複業」のスマイルズ 制度化を待たずにリリースした背景とは(この記事です)
「プレ金」に物申した、サイボウズ流コミュニケーション
ヤッホーブルーイングの個性的なPRの秘密は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する