日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

担当者が語るIRの現場

寄席風のブースを出展 BtoB事業を分かりやすく伝える

ヤマシンフィルタ

従来の定型的な情報開示に留まらず、多様な方法で株主や投資家、アナリストに社の魅力を伝えようと試みる、IR実務担当者が登場します。

2017年8月に開催された「日経IR・投資フェア」では、寄席に見立てたブースを出展した。

ヤマシンフィルタは建設機械用の油圧フィルタ製品の世界シェアトップ企業であり、国内外の大手建機メーカーを主要顧客としています。先代社長の山崎正彦が、ヤマシンフィルタの前身である山信工業を興したのは、太平洋戦争後間もないころ。当時の事業はまだ油圧フィルタ事業ではなく、帆布を仕入れミシンで縫製加工し販売する事業からの創業となります。

そのころ、ある酒造会社からいただいた、「酒を濾(こ)すための濾布(ろふ)をつくってもらえないか?」との問い合わせが、現在のフィルタ製造の第一歩につながりました。

経営理念は「フィルタビジネスを通じて社会に貢献する」という決意を込めた「仕濾過事(ろかじにつかふる)」。フィルタの中核部品である「ろ材」の開発から製造・販売までを一貫して行っているのが当社の強みです。「ろ材」を内製化することで、顧客が要望する様々な仕様に対応した「ろ材」及びフィルタシステムを独自に開発・提供することが可能となり、オーダーメイド製品のタイムリーな供給が高い評価を得ています …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

担当者が語るIRの現場 の記事一覧

寄席風のブースを出展 BtoB事業を分かりやすく伝える(この記事です)
経営陣にも情報を共有 社内・社外双方へのIR
見学会や統合レポートで総合商社の強みを伝える
投資家視点を意識して多様な事業内容を伝える
投資家向け資料にこだわり 個人株主との対話にも注力
価値創造ストーリーを軸に 投資家と建設的な対話を深める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する