日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

プレゼン力診断

LINE出澤剛社長のプレゼン分析「安定感ある大人の企業をアピール」

永井千佳(エグゼクティブ・スピーチ・コンサルタント)

経営者の「プレゼン力」を診断。声・表情・身振り・ファッションといった視点から毎号、分析します。

at.2017年12月20日(水)
新事業展開に関する記者発表会
in 新宿ミライナタワー

LINEとモバイク・ジャパン シェアバイク事業展開へ
資本業務提携を発表

LINEは2017年12月20日、スマートバイクシェアサービス「Mobike」を展開するモバイク・ジャパンとの資本業務提携を締結。日本国内におけるシェアバイク事業の展開に向けた記者発表会を行った。当日まで非公開とされていた提携先であるモバイク創業者のフー・ウェイウェイ氏が登壇するサプライズも。

LINE 代表取締役社長 出澤 剛

出澤剛社長が舞台に姿を現したとき、4年前とは違う柔らかさを感じた。

2014年10月の記者発表を取材した際、「何かが起こっている」と感じた。当時の社長である森川亮氏が終始硬い表情で口元を結ぶ横で、副社長兼COOだった出澤氏がほとんどの質問に答えた。論理的な話しぶりだが、表情はこわばり余裕は感じられない。居並ぶ役員からも緊張感と疲労感が伝わってきた。

当時は注目の急成長企業として何度も株式上場が噂されつつ見送られていた。会見の2カ月半後、森川氏が退任し出澤氏が社長に就任。株式上場を果たしたのは2年後の2016年7月だった。

自由だがともすると規律を失いがちな非上場ベンチャー企業を、社会的責任を持つ上場企業へと脱皮させた自信から、柔らかさが自然と醸し出されるのだろう …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プレゼン力診断の記事一覧

プレゼン力診断の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する