日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方

アイデアが活発に生まれる企業風土で 新たな価値創造の実現へ

富士通エフ・アイ・ピー

社史や理念、事業の意義を見直す機会となる周年をどのように迎えるか。長寿企業から学ぶ連載です。

7月に実施した「FIPファミリーデー」や11月に開催した「FUJITSU FIP Family Festa」など、家族参加型のイベントを積極的に実施した。

富士通グループで、クラウドサービスやアウトソーシングサービスなどを手がける富士通エフ・アイ・ピーは、2017年に40周年を迎えた。プロジェクトメンバーは部署や年次を超えた40人の社員で構成されており、会社としても大規模なプロジェクトとなっている。

デジタルサービス推進グループ 総合企画室長の田中秀明氏は今回の周年プロジェクトについて、「モチベーションの高い企業風土づくり」「会社としての一体感の醸成とコミュニケーションの活性化」「40周年を機に新たに始めた取り組みにより技術力向上やビジネス拡大につなげる」の3つを大きな目標に掲げたと話す。

ファミリーフェスタに1000人参加

同社では今回「ともに創ろう、次につなげる40周年」をスローガンに、主にインターナルコミュニケーションを主軸とした周年事業を実施した。そのメインイベントとなったのが、11月に幕張メッセで開催した「FUJITSU FIP Family Festa(富士通エフ・アイ・ピー ファミリーフェスタ)」。本社地区を中心に社員とその家族を含め1000人以上が参加した。運動会をベースとし、40周年にちなんだクイズなどのレクリエーションを取り入れた会場内のブースでは、全国の支社やCSR活動を紹介する場などを設けた。

今回、家族参加型のイベントを企画した理由について、人材開発部の川尻雅之氏は次のように語る。「社員だけならいつでも集まることはできる。周年の節目だからこそ社員の家族との交流を通じて、社員同士のコミュニケーションの活性化にもつながりました」。

ファミリーフェスタのほかにも「FIPファミリーデー」を7月に開催。社員の子どもが職場を見学し事業内容に触れることで、「社員同士のつながり」だけでなく「未来へのつながり」も意識した …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方 の記事一覧

アイデアが活発に生まれる企業風土で 新たな価値創造の実現へ(この記事です)
「原点」を見つめ直し100年愛されるブランドへ
予防医学を「自分ごと化」するアンファーの社内コミュニケーションとは?
全国7都市でファンミーティング開催 100周年を機にブランド力を高める
60周年を迎えた日本コカ・コーラのインターナルコミュニケーション
日本精工100周年 社員参加型プログラムで新ビジョン体感

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する