日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

映画で学ぶ広報術

広報なら観ておきたい!今月の1本『最後の恋のはじめ方』

野呂エイシロウ(放送作家・PRコンサルタント)

名画から最新作まで、映画に数多く登場する広報・メディアの仕事。1本の作品から、気になるセリフと名シーンをピックアップします。

「人間のコミュニケーション方法の60%は言葉じゃない、ボディランゲージだ」
60% of all human communication is nonverbal. Body language.

イラスト/ミツミマリ

今月の1本『最後の恋のはじめ方』
公開 2005年
制作国 アメリカ
監督 アンディ・テナント
出演 ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ、ジュリー・アン・エメリー、マイケル・ラパポート

STORY
恋愛指南をするデート・コンサルタントであるヒッチ。ある日、冴えない男性・アルバートから依頼を受けてセレブであるアレグラとの恋愛を成就させる。そこで自身も、思いがけず新聞記者のサラに恋に落ちる。
『最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション』発売中
DVD 1410円(税別)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

この間、ある経営者と会った。「自分を有名にしてほしい」というオーダーだったが、その場で断った。その人が傲慢で、世の中の人々から好かれないと察したからだ。

面会中ふと、この映画を思い出した。恋愛映画だが、これは広報担当者ならぜひとも見るべき映画だ。成功している広報には共通点がある。それはコミュニケーションの上手さである。ウィル・スミス演じるアレックス・ヒッチは、デートドクターである。つまり恋を実らせるためのコンサルタントだ。「広報じゃないじゃん!」と怒られそうだが、広報と同じだとボクは思っている。何人かの広報のプロにDVDをプレゼントしたことがあるが、皆さんに共感いただいた。

この映画でも金持ちの嫌な依頼主が登場し、それをヒッチが断るシーンがある。先日のボクと同じだ。広報の世界でも傲慢な企業や経営者はうまくいかないことは、この雑誌の読者ならご存じのことだと思う。

この映画では、ヒッチのいろいろな恋愛を成就させる方法論が登場する。ボクは以前から広報と恋愛は同じだと思っている。だから『プレスリリースはラブレター』というタイトルの本を書いた。主人公は次々とモテない男性の恋愛を成就させてゆく。そのテクニックは広報も同じだ。大切なのは相手に「興味を持たせる」ということだ。

常に、メディアの視線の先にいること。すると毎日のようにいろんな依頼がメディアから来るようになる。「面白い社長はいないか?」「この分野のプロフェッショナルはいないか?」「このインタビューに答えてくれる消費者を知らないか?」などなど。

この映画のメインは、資産管理会社に勤める、ボクよりも巨漢のアルバート・ブレナマンが憧れる金持ちの美人であるアレグラ・コールへのアタックだ。テクニック満載で、それが次第に相手の心をつかんでゆく。そしてヒッチ自身も、エヴァ・メンデス演じるジャーナリストのサラに惹かれてゆく。その過程でテクニックを超える本質が見えてくる。それは広報も同じだ。本質が伝わることが何よりも大切だ。

ボクは、各社の広報に「とにかくメディアに会え」「ご飯を食べろ」とアドバイスするのだが、劇中にこんな台詞がある。「人間のコミュニケーション方法の60%は言葉じゃない、ボディランゲージだ。30%は声の調子。つまり人が交わすコミュニケーションのうち90%は言葉じゃないってこと」。名言だ。

リリースの送付や配信サービスの活用だけで成功すると思っている広報が大半だ。中には「人が嫌い」という広報もいる。当然うまくいかない。恋愛も広報も心が通じ合うことが何よりも大切だ。それが一番の戦略だと思う。さあ、言葉を超えよう。

文/放送作家・PRコンサルタント 野呂エイシロウ(のろ・えいしろう)

1967年愛知県生まれ。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家デビュー。97年コンサルタントとしての活動を開始。ソフトバンク、ライフネット生命保険、シャープ、ビズリーチなどのプロジェクトに携わる。近著に『超一流の「気くばり」』(光文社)など。

映画で学ぶ広報術 の記事一覧

広報なら観ておきたい!今月の1本『最後の恋のはじめ方』(この記事です)
広報なら観ておきたい!今月の1本『サバイバー:宿命の大統領』
広報なら観ておきたい!今月の1本『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(2016年)
広報なら観ておきたい!今月の1本『女神の見えざる手』(2017年)
広報担当なら観ておきたい!今月の1本『空飛ぶ広報室』(2013年)
広報なら観ておきたい!今月の1本『困った時のロジャー・ストーン』

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する