日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

プレゼン力診断

退任したドワンゴ川上会長 あの「炎上」会見のプレゼン分析

永井千佳(エグゼクティブ・スピーチ・コンサルタント)

経営者の「プレゼン力」を診断。声・表情・身振り・ファッションといった視点から毎号、分析します。

at. 11月28日(火)
niconico(く)新サービス発表会
in ニコファーレ(東京・六本木)

一般ユーザーも参加 新たな動画サービス「niconico(く)」発表会
ドワンゴは2017年11月28日、同社が運営する動画サービスの新バージョン「niconico(く)」(クレッシェンド)に関する発表会を開催。サービスの概要説明やデモ配信の実演、スケジュールについての告知が行われ、マスコミだけでなく一般ユーザーも参加した。発表会の模様は同社のニコニコ生放送でも配信された。

ドワンゴ 代表取締役会長 CTO 川上量生

*役職は取材当時のもの

「今日は全員の質問に答えます」。怒濤の質問攻勢を前に、川上量生会長は言い切った。「すべてを引き受ける」と腹をくくった瞬間だ。

この日の会見は、荒れに荒れた。メディアの記者に加え、多くのニコニコ動画ユーザーも来場。新サービスの説明が始まると、ニコニコ生放送には「いらない」「寒い」など手厳しいコメントが流れ、会場からも非難の声が上がるほど。質疑応答では、最初に質問をした記者が感情を露わにした。

「本当にがっかり。なぜ今さら誰もやらないゲームに力を入れるのか?ニコニコはあと何年持つのか?」。この質問で会場があおられ、コメントの勢いにさらに火がついた …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プレゼン力診断の記事一覧

プレゼン力診断の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する