日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

人気メディアの現場から

切り口の工夫と入念な取材で誰も気付いていない「がっちり!」を発掘

TBS『がっちりマンデー!!』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

TBS『がっちりマンデー!!』

    【基本情報】
    放送時間 毎週日曜 7:30~8:00
    放送開始 2004年4月
    放送エリア 全国
    出演者 加藤浩次、進藤晶子など
    スタッフ数 16人

    人気企画

    (1)一大ブームを巻き起こした!「あの店は今」どうなったのか!?
    (2017年7月23日放送)

    ブームの後も変化しながら成長する企業を紹介

    (2)糸井重里社長の「ほぼ日」ってなんだ??
    (2017年10月1日放送)

    熱烈なファンを集める謎を解明

    (3)ガラガラだった「新日本プロレス」がちょっと復活!?
    どん底で破綻の「スカイマーク」もちょっと復活!?
    (2017年8月6日放送)

    どん底を乗り越え、次なる成長過程にある企業を取材


    番組公式HP:http://www.tbs.co.jp/gacchiri/

「お金」をテーマにした唯一のバラエティ番組として人気の『がっちりマンデー!!』(TBS)。「日曜に勉強!月曜から実践!」のキャッチコピーの通り、様々な企業の「儲かりの秘訣」を紹介している。2004年の放送開始以降、ビジネスパーソンだけでなく主婦層からの支持も集め、日曜早朝の番組としては異例の高視聴率を維持し続けている長寿番組だ。

面白さのさじ加減と中立性

『がっちりマンデー!!』の軸となっているのは、「儲かっている人から学ぼう」というコンセプト。総合演出を手がける大松雅和氏は、経済に関する情報番組がないことに着目し、「視聴者が何よりも知りたい情報はお金に関わることでは」との考えから番組を立ち上げた。

放送時間は毎週日曜日の午前7時半~8時まで。「寝ぼけ眼で見ても楽しんでもらえるように工夫しています」と大松氏。特に気を付けているのは「面白さ」のさじ加減。VTR内のナレーションで、登場する社長の服装に突っ込みを入れるなどの演出で笑いを誘うことはあるが、ふざけすぎると企業や視聴者の反感を買ってしまう。

逆に、特定の企業を持ち上げすぎても「宣伝」ととられてしまいかねない。「ベースにその企業へのリスペクトがあるからこそイジることが許される。バラエティ制作のチームはどうしても面白い方向に持っていきがちなので、そのバランスを間違えないようにしないといけないんです」。

「他にはない切り口」にこだわり

「この番組では、他では扱っていないようなネタをやりたい」。番組制作において大松氏が最も大切にしているのは「変わった切り口」だ。それゆえに特集のテーマ設定には慎重になる ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

人気メディアの現場からの記事一覧

人気メディアの現場からの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する