日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オフィスイノベーション

NTT都市開発の新オフィスに潜入「クロス・コミュニケーション」がテーマ

NTT都市開発

NTT都市開発の新オフィスは、執務エリア中央に「JAM STATION」というフリースペースを設け、新しい発想で社内コミュニケーションの活性化を実現した最新鋭のオフィス。これまでの業務実績や経験を活かし、働きやすい執務環境を実現させた。

「LIBRARY」にはソファやテーブル、一人用のブースなどがあり、打ち合わせはもちろん、個人の作業やリフレッシュにも使われている。

1986年にNTTグループの総合不動産会社として設立したNTT都市開発。「アーバンネット」シリーズをはじめとしたオフィスビルの開発・賃貸事業を軸に成長し、新たなフィールドにも事業領域を広げている。

同社のオフィスは現在の秋葉原UDXに移ってからも、同ビル内の部分移転や増床などで対応してきたが、2017年3月には11階に機能を集約。新たなオフィスとしてスタートを切った。

コンセプトは「クロス・コミュニケーションを誘発するワークプレイス」。それを象徴するのが執務エリアの真ん中、軸になるサーキット動線に囲まれた広々としたフリースペース「JAM STATION」だ。南北に分けられた「JAM STATION」にはそれぞれテーマを冠した仕切りのないエリアがあり、用途によって自在に使い分けられている。

例えば「SCHOOL」ではセミナーなどが開催され、「BIG TABLE」では大人数での社内会議、参考書籍などが集められた書棚の近くにあるスペースは「REFERENCE」と名づけられている。

コンセプトデザインから設計、レイアウトなどがプロジェクト推進部を中心とした社内チームによりワンストップで行われたので、移転自体はスムーズに完了した。

「社員たちがこれまで手がけた仕事の経験を活かし、自社のオフィスデザインに還元できました。社内の満足度は高いのですが、まだまだ改善の余地はあると思います」とプロジェクト推進部の加賀成治氏は語る。

2017年8月に「日経ニューオフィス賞」を受賞してからは、毎週のように取材オファーが届くようになったといい、会社のPRにつながっている …

あと43%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

NTT都市開発の新オフィスに潜入「クロス・コミュニケーション」がテーマ(この記事です)
まるでゴルフ場にいる気分!『Work Fast』でオフィスを使い倒す
ルクサが好立地の渋谷キャストへ移転 コンセプトは「WOW OFFICE!」
野村総研がBCP強化で3拠点を移転 働きやすさと風通しの良さも実現
LINEの新オフィスに潜入 より活発な社内コミュニケーションを実現
92体のロボットが社員と同じ空間に!ベンチャーのユニークオフィス例

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する